鍋・フライパンの収納アイデアと使いやすいキッチンにするコツ

All About

2019/9/9 19:15

毎日使う鍋やフライパンだから、スッキリかつ機能的に収納したいもの。フライパン・鍋の収納の基本ルールと、引き出し収納にしまう場合と観音開き扉収納にしまう場合、それぞれのおすすめ収納アイデアとコツをご紹介します。

鍋・フライパンの収納アイデアと使いやすい収納のコツ

毎日使うフライパンや鍋は、出し入れしやすく収納されていますか? 出し入れが面倒だからと、コンロ上に出しっぱなしになっていませんか? ここでは、使いやすくて快適なフライパン・鍋類の収納方法をご紹介いたします。

収納が引き出し収納の場合と、観音開き扉収納の場合、それぞれにぴったりのおすすめ収納アイデアをまとめました。ラックを使って縦置きにしたり、ファイルボックスを活用したりと、工夫次第で一気にキッチンがスッキリ! 料理もきっと楽しくなるはずです。

鍋・フライパンの収納の基本ルール

◆ ルール1:自分にとって必要なフライパン・鍋を厳選する
フライパン・鍋の収納の準備として、まずは持っている物をすべて出して見直すことが大切(ガイド自宅のフライパン・鍋の全量)
フライパン・鍋類の収納方法について考える前に、まずは、ご自宅内にあるすべてのフライパン・鍋類を出してみましょう。

キッチン内に入らないからと、どこか違う場所に保管しているフライパン・鍋類も全部出してみてください。たくさんあるのに、よく使う物がけっこう少ないという方もいるのではないでしょうか。

よく使うフライパン・鍋だけを厳選し、優先的に収納しましょう。出し入れしやすい場所に、ゆとりをもって、定位置を決めることが大切です。

ちなみに我が家(夫婦2人、長男、長女の4人家族)で使っているフライパン・鍋は全部で9点。ラインナップは以下のとおりです。

・卵焼き用フライパン
・フライパン(深)
・フライパン
・片手鍋(中・小)
・ルクルーゼ
・土鍋
・揚げ物鍋
・茹で鍋(大)

ご家族構成やお料理の頻度によって、フライパン・鍋の量も変わってくるとは思います。

ただし、とにかく収納スペースは限られているので、「不要な物を持たない」「必要で気に入っている物だけを持つ」ということが大切です。使っていない物がたくさんあると、必要な物が出し入れしにくくなってしまいます。

◆ ルール2:できるだけ使いやすい場所に収納する! おすすめはコンロ下
フライパンや鍋は、使う場所に1番近いコンロ下スペースに収納するのがおすすめ!
フライパン・鍋類の収納場所として最もおすすめなのは、使う場所に1番近いコンロ下の収納です。

さらに、毎日よく使う物は優先的に、使いやすい場所を定位置として収納しましょう。たとえば「右利きの人なら右手側に毎日使う物を収納する」といった感じです。同じ引き出しの中でも、できるだけ使いやすい場所を考えて収納するようにしましょう。

◆ ルール3:ワンアクションで出し入れできるように工夫! 引き出し収納なら立てて収納
フライパン・鍋を収納する際のポイントは、大きくわけて2つ。

・引き出し式の収納では、上から見てわかるように立てて収納
・観音開きの扉の収納では、前から見てわかるように重ねないように収納


どちらのタイプでも、ワンアクションで出し入れできるのが理想的です。せっかく便利なフライパンや鍋でも、収納スペースにぎゅうぎゅうづめで出し入れが難しければ、まったく便利ではありませんよ!

鍋・フライパンの収納方法:引き出し収納の場合

◆ 専用のフライパンラックを利用して、立てて収納
フライパン専用のラックを使用して立てて収納
100均の商品が大好きな私ですが、フライパン・鍋類の収納には専用のフライパン・鍋ラックをおすすめしています。

重さがある物なので、重さに耐えるしっかりとした物でないと、結局使いづらくなってしまうからです。また、フライパンや鍋の厚みに合わせて自由に仕切り幅を調節できるので、スペースを有効的に使うことができます。

手前に空いたスペースにはファイルボックスを入れて、小鍋の収納、油類、ラップやホイルなどを立てて収納しています。

ファイルボックスの中で、細かい物が倒れてしまうという場合には、小さなブックエンドを入れるか、プラダンなどでちょうどよい箱を作り仕切ると、快適さがアップしますよ!

◆ ファイルボックスを利用して、立てて収納
ファイルボックスを利用して立てて収納(出典:RoomClip「シンデレラフィット/システムキッチンの引き出し/スッキリ暮らす/ラクしてスッキリ暮らすコツ…などのインテリア実例 - yuuuの部屋 - 」
ファイルボックスを使うと、ボックスごと取り出して洗うこともできるので、引き出し内の汚れを防げます。

ただ、大きいサイズのフライパンだと持ち手の部分がはみ出てしまい、引き出しが閉まらない……ということがあるので、持ち手の長さまで考えてサイズ感をよくチェックしてからの購入をおすすめします。

鍋・フライパンのの収納方法:観音開き扉収納の場合

◆ 無印良品のポリプロピレン収納ラックやアクリル仕切り棚を活用
無印良品のPP収納ラックやアクリル仕切り棚を使って大きなスペースを上手に活用(出典:RoomClip「団地/無印良品/PPケース/キッチン収納/フライパン収納/シンク下…などのインテリア実例 - anの部屋 - 」)
観音開き扉の収納の場合は、前から見て1つ1つがわかりやすく、取り出しやすいようにするのがポイントです。

コチラの写真は無印良品のポリプロピレン収納ラックをフライパンや鍋の厚みに合わせて上手に活用されています。また右側にはアクリル仕切り棚を使い、スペースを上下2段に分けて圧力鍋などの大きい物を収納されています。

◆ フライパン専用ラックを使って立てて収納
観音開きタイプの収納でもフライパンラックを活用し立てて収納(出典:RoomClip「シンク下収納/まな板収納/鍋蓋収納/鍋収納/フライパン収納/賃貸…などのインテリア実例 - jucaの部屋 -」)
観音開きタイプのコンロ下にもフライパンラックを入れて、フライパンや鍋を立てて収納した例です。1つずつ、取り出しやすそうですね。

上の空いたスペースには突っ張り棒を設置することで、さらに収納力アップ! 扉裏にはフタを上手に収納されており、ぜひ参考にしたいですね!

鍋・フライパンの収納アイデアと使いやすい収納のコツ:まとめ

ここではフライパン・鍋の収納の基本ルールと、収納アイデアをご紹介しました。

ついつい、便利そうなフライパンや鍋を見ると購入したくなってしまいますが、収納場所も限られていますし、1度に調理できるフライパン・鍋の数はコンロの口数を考えるとたいてい3つくらいです。

せっかくの便利なグッズでもたくさんありすぎると、出し入れしにくくなり、かえって不便になってしまいます。しっかりと自分にとって必要な物を厳選して、快適な使いやすいキッチンを目指してくださいね。
(文:鈴木 久美子(プチプラ収納ガイド))

当記事はAll Aboutの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ