ボッシュ ベビーカー向けスマート電動ドライブアシストを開発

ボッシュは2019年9月2日、革新性と安全をもたらすベビーカー向けのスマート電動ドライブを開発したと発表した。このベビーカー用電動システムは、インテリジェントなセンサーで電動ドライブによるアシストを実現し、自動ブレーキ機能を備えている。さらにスマートフォンのアプリをBluetoothを介することでベビーカーとネットワーク化することもできる。

■製品概要ボッシュの電動ベビーカー・アシストシステムは、電動ドライブの域を遥かに超え、快適さと安全性を向上する包括的な機能を備えた、ベビーカー向けのアシスタンス・システムだ。アシスト機能、自動ブレーキ機能に加え、スマートフォン・アプリを利用したネットワーク機能、アラーム機能など、さまざまなハイテクセンサーも搭載している。

ボッシュはこのシステムを開発するにあたり、0歳~4歳までの子どもを持つ男女および出産を控えた親を対象として実施した聞き取り調査の結果、10人中9人がベビーカーの購入を検討する際に、快適性と安全性を重視していることがわかったという。そして開発されたベビーカー電動アシスト・システムのドライブユニットは、後軸に搭載される2つの静粛性に優れた電動モーターとBluetoothモジュール、スマートセンサーシステムから成る。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); googletag.cmd.push(function() {var slot = googletag.defineSlot('/62532913/p_autoprove_300x250_kiji2_20391', [300, 250], 'div-gpt-ad-1540274792174-0').addService(googletag.pubads());googletag.enableServices();flucttag.showDfpAd(slot);});

センサーは、スマートフォンにも採用されているもので、ベビーカーが走行する路面の状態を検知しながら、速度や加速状況なども測定する仕組みだ。また、上り坂では電動2輪車と同様にモーターが自動でベビーカーをアシストし、下り坂ではブレーキ操作に介入するなどのアルゴリズムで制御され、ベビーカーにその時必要な操作を瞬時に計算する。

また、万が一ベビーカーから手が離れても、モーターによるブレーキが暴走を防ぎ、電気機械式ロックでパーキングブレーキを作動させる。そして、このシステムの操作はスイッチやボタンはなく、スマートフォンで設定できる。

■ベビーカーのパフォーマンスこのシステムを搭載すると、ベビーカーに風速60km/hの気流を当てた風洞試験では、ベビーカーの日よけ部分が激しくはためくレベルでも、ベビーカーが動くことはない。これはパーキングブレーキを使用したり人の手で押さえていたからではなく、ボッシュのベビーカー電動アシスト・システムがもたらした結果だ。

この電動アシスタンス・システムは、ベビーカーの快適性や安全性を向上させるだけでなく、人間工学の観点からもより有用だ。ユーザーテストでは、このシステムにより上り坂や凸凹道、向かい風の中であっても押す力が大幅に抑えられ、ベビーカーを押す際の大幅な姿勢改善につながることが立証された。

また、自動ブレーキング機能を備えた電動ドライブにより、下り坂での腰にかかる負担を大きく軽減するほか、ベビーカーを片手で押す際のステアリングサポートにより、特に曲がり角での操作性を向上することも明らかとなっている。さらに、この電気駆動システムにより、横方向に傾斜した道でもベビーカーを容易に操作することが可能で、もう一人の子どもを抱っこしながら片手でベビーカーを操作する、というシチュエーションで扱いやすい。

var microadCompass = microadCompass || {};microadCompass.queue = microadCompass.queue || [];microadCompass.queue.push({"spot": "2855f6f1517a0e35089113339090f10c"});googletag.cmd.push(function() {var slot = googletag.defineSlot('/62532913/p_autoprove_300x250_kiji2ndright_20391', [300, 250], 'div-gpt-ad-1540274856377-0').addService(googletag.pubads());googletag.enableServices();flucttag.showDfpAd(slot);});■ベビーカーのリチウムイオンバッテリーこの電動アシスト・パワーはスマートフォン・アプリ(Android+iOS対応)で、3モードの電動アシスタンス・レベルから選択可能だ。このアプリがBluetoothを介して電動アシスト・システムと通信を行ない、着脱式バッテリーの充電レベルや、充電が切れそうになったときの警告も表示する。

バッテリーは、18Vの扱いやすい軽量なリチウムイオン・バッテリーで、ロック式の容器に格納されている。コードレスドライバーなどのボッシュの標準電動工具に使用されているものと同じバッテリーで、いざというときはベビーカーのバッテリーをほかの工具に使用することも、またその逆も可能だ。

充電時間は約2時間半で、アシスタンス機能の利用状況やベビーカーの重量にもよるものの、フル充電時で最大15km走行できる。また、システムのUSBポートからスマートフォンを充電できるほか、カフェの外にベビーカーを停めておく場合などには、アプリを利用して警告機能を設定することも可能だ。

スマートフォンとの間にBluetooth接続が確立されていれば、誰かがベビーカーを動かそうとすると警告が表示されるようになっている。さらに、ベビーカーに組み込まれたスピーカーから警告音も発せられ、自動でパーキングブレーキが作動する。

なお、バッテリーの充電が完全に切れた場合でも、特にモーターの抵抗を感じることなく、通常のベビーカーとして使用することが可能になっている。

この新しいベビーカー用のシステムは、ボッシュが新市場への参入することを意味している。2020年初頭から、スウェーデンのベビーカーメーカー「Emmaljunga社」の製品に搭載される予定で、他に複数のメーカーとのコラボレーションも進めているという。

ボッシュ 関連記事ボッシュ 公式サイト

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ