“令和の牛若丸”炎鵬、下手投げで2連勝を飾る 豪快な相撲で「ダイナミック炎鵬」の声

AbemaTIMES

2019/9/9 17:14



<大相撲秋場所>◇二日目◇9日◇東京・両国国技館

前頭十一枚目の炎鵬(宮城野)が前頭十枚目の明生(立浪)を豪快な下手投げで下し、2連勝を飾った。

夏場所の対戦では土俵際で投げの打ち合いになり、軍配は炎鵬にあがったが物言いがつき、行司差し違えで明生が勝ったという因縁がある両者。立ち会いで潜り込んだ炎鵬は、左まわしを引いて頭をつける形で右の前まわしに手をかける。明生がここで前に出てくるが、炎鵬は相手の勢いを生かして土俵際で豪快に投げ飛ばした。

AbemaTVで解説を務めた元関脇・安美錦の安治川親方は「しっかりと頭をつけて、相手が外から外から攻めさせるように、我慢して取ったんじゃないですか」と相撲内容を評価した。炎鵬の豪快で花のある相撲にファンからは「これはスーパースターですわ」「ダイナミック炎鵬」と絶賛の声があがった。

(C)AbemaTV

当記事はAbemaTIMESの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ