Survive Said The Prophet初のUK公演に現地熱狂、ほか海外公演も続々決定

Billboard JAPAN

2019/9/9 17:15



Survive Said The Prophetが現地時間9月6日、初のイギリス公演【UK DEBUT SHOWS】をロンドンにあるライブハウス“BOSTON MUSIC ROOM”で開催し、現地のオーディエンスを熱狂させた。

初公演にも関わらず、当日の会場にはロンドン市内に留まらずヨーロッパ各国からファンが集結。メンバーが登場すると大きな歓声で迎えられた。

「T R A N S l a t e d」からスタートするとボーカル・Yoshはオーディエンスに対し、「これが音楽だよ!これが皆が待っていたSurvive Said The Prophetだよ!」と。TVアニメ『BANANA FISH』のオープニング・テーマとなっていた「found & lost」の日本語歌詞を熱唱している風景は、印象的なシーンの一つだった。

「まず最初に言いたいのは、なんてこの国は美しい国なんだろう、って事です。今日は僕たちにとって、そんな美しいこの国で初めてのライブなんです。だから皆楽しもうね。」

続く「Right and Left」や「S P I N E」はオーディエンスも手を上げてレスポンスをしてくる。サバプロの強みでもある英語詞、そしてYoshの透き通る歌が響いている証拠だ。

現在放送中のTVアニメ『ヴィンランド・サガ』オープニング・テーマとなっている最新曲「MUKANJYO」もアニメや楽曲を通してオーディエンスに届いている。

後半に披露した劇場版『コードギアス 反逆のルルーシュIII 皇道』主題歌「NE:ONE」、「Network System」も海外のオーディエンスの反応は抜群だ。

ボーカル・Yoshは「俺たちはみんなと音楽を楽しみたいだけで、本当にシンプルなことをしているはずなんです。そんな音楽を純粋に楽しめなくなる瞬間もあったりするけど、音楽はビートとメロディーから成り立つものなんですよね。1人でも俺たちと同じような考えを持っている人たちに出会うために、日本から、東京から海を渡るというのが俺たちの夢でした。どの国来てほしいか教えてくれよ。1人の声、2人の声から何か素晴らしい事が始まるんだよ。」と、オーディエンスに気持ちを伝え初のUK公演は幕を閉じた。

サバプロは9月15日の香川県高松DIMEを皮切りに、広島、宮城、北海道、新潟、福岡、大阪、愛知、東京、沖縄の全10都市で開催する【Made In Asia Tour】を発表しているが、海外公演として台湾・韓国に加え、NOISEMAKERと共に広州・武漢のアジアツアーを発表。アパレルブランド・Dr. Martensが香港で主催するイベントにも出演する。

【UPSURGE & NEW CROSS LIVE presents “UK DEBUT SHOWS”】
Friday 6th September at BOSTON MUSIC ROOM,LONDON
s p a c e [ s ]
01.T R A N S l a t e d
02.Fool‘s gold
03.found & lost
04.Right and Left
05.The Happy Song
06.S P I N E
07.MUKANJYO
08.Follow
09.Tierra
p a c e s [ s ]
10.NE:ONE
11.Network System
12.When I

ENCORE
01.Listening
02.Conscious

photo:Luigi Sibona

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ