Appleの忘れ物トラッカーは、ただ正確。BluetoothやWi-Fiを使わないから、ただ正確。「なんだそれ?」だけど、ただ正確

apple-item-tag
Image: MacRumors

もう落とし物も怖くない?

9月11日午前2時から(日本時間)始めるApple Special Eventでは、例年のごとくiPhoneやApple Watchが発表される噂です。…が、ほかにも噂されているのが、紛失防止タグ。

これはTileのような、物につけることで失くしたときに追跡できる製品とのことですが、追加の噂として、超正確な位置把握ができるとのことです。

とにかくすごいらしい


MacRumorsが掲載した、Appleのアナリストのミンチー・クオ氏によれば、このAppleの紛失防止タグはより短距離かつ省電力な特性を持つ超広帯域無線(UWB、Ultra-Wideband Technology)技術を採用するそう。Electronic Designによれば、このUWBとは電波が行き来する時間を測定することで、従来の技術より100倍も正確(10センチ単位)に位置の把握ができるそうなんです。

なお、現時点ではAppleの紛失防止タグがUWBのみを使うのか、あるいはBluetooth LEやWi-Fiも組み合わせるのかは不明です。もしかしたら、最新モデル以外のiPhoneに対応するために、さまざまな通信方式が組み合わされるのかもしれません。

iOS 13から実装の「Find My」アプリで管理


この紛失防止タグについては、「Find My」アプリ内のItemsというタブで管理する、他人のiPhoneとの連携も可能、AR機能で正確な位置が把握できる…などといった噂が伝えられています。とくに最後のAR機能機能では、UWBの位置把握精度が活かせそうです。

出たら2~3個ぐらい買っちゃいそう。

Source: MacRumors

当記事はギズモード・ジャパンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ