オアシズ・光浦靖子、学生時代の初バイトで受けた陰湿な嫌がらせとは

しらべぇ

2019/9/9 16:40




8日放送の『誰だって波乱爆笑』(日本テレビ系)に、お笑いコンビ・オアシズの大久保佳代子光浦靖子が出演。光浦が大学生だった時、バイト先で遭ったイジメのエピソードを明かした。

■東京外大の光浦


光浦は愛知・成章高校から猛勉強の末、東京外国語大学のインドネシア語学科に入学。

なお、相方の大久保も千葉大学文学部と、2人とも有名国立大学の出身。光浦が大学に入って初めてのバイト先は、製パン工場だった。時給はよかったのだが、「闇」が深かったようだ。


関連記事:光浦靖子の拗れすぎた恋愛観に共感の声が殺到 「街なかで相撲をとりたい」

■「あれやっちゃいましょうか」


光浦によると、当時バイトしていた工場では「パートのおばちゃん vs バイトの大学生」の対立構造があったという。光浦は知らずに巻き込まれた。

和菓子部の水ようかんを製造するラインに配属された光浦。ラインで製造順に、葉っぱを置くパート、ようかんを置くパート、ようかんをくるりとひっくり返す光浦、箱に入れるパートと、パートのおばさん達に挟まれるように立った光浦。

パートのおばさんの1人に「あんた大学生?」と問われ「はい」と答えると、「あれやっちゃいましょうか」となにかを企まれる。

■猛スピードで水ようかんライン


すると最初の1人が猛スピードで葉っぱを置き始め、2人目もすかさずようかんを置く。光浦はスピードについていけず。慌てふためき、ラインに流されるように左へと追いやられ、最後のパートのおばさんにぶつかってしまう。

すると1人がストップボタンを押し、工場長を呼んで光浦のミスをチクる。

「すみません工場長、大学生が使えないんですけど」

■ずれたメガネを直しても…


あまりの速さに、体力をつかい、汗を掻く光浦。するとメガネがずれ始め、無意識に直すと再びストップボタン。

「食品を扱う工場なのでメガネ触ると不衛生。手袋を替えてください」


バイトに厳しいパートのおばさん達による嫌がらせだ。なお職場での嫌がらせについてはこんな調査がある。

しらべぇ編集部は、全国20~60代の有職者男女1,040名を対象に調査したところ、全体の12.9%が「職場で嫌がらせをしたことがある」と回答している。



こうした流れで8時間働き続けたという光浦は「日本中の水ようかん私が巻いた」となぜか誇らしげな一言でエピソードを締めくくった。

・合わせて読みたい→「パート勤務は共働きじゃない」 正社員のママ友から言われた言葉にモヤモヤ

(文/しらべぇ編集部・右京 園次郎

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日
対象:全国10代~60代の有職者男女1040名 (有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ