楽天ペイ、au PAY、d払い、ゆうちょPayがセブンイレブンに対応


全国のセブン-イレブンで、「楽天ペイ」「au PAY」「d払い」「ゆうちょPay」の4つのスマホ決済サービスが、10月1日から利用できるようになる。

楽天ペイやau PAY、d払い、ゆうちょPayは、各サービスへの会員登録をすることで利用できるスマホ決済サービス。クレジットカードなどを専用アプリに紐付け、商品をキャッシュレスで購入できる。これらのスマホ決済サービスでは、多くがポイントを還元するサービスも展開している。

10月1日から、全国のセブン-イレブン21,034店舗(2019年8月末時点)の支払いに、これら4つのスマホ決済サービスが対応する。auでは、セブン-イレブンでの利用開始に合わせキャンペーンの実施も予定しており、詳細を別途告知するという。

セブン-イレブンでは2019年9月9日時点で「PayPay」、「メルペイ」、「LINE Pay」「アリペイ(Alipay)」、「WeChat Pay(微信支付)」の5つの決済サービスに対応しているが、今回、新たに4社のスマホ決済サービスが加わり、セブン-イレブンで使えるスマホ決済サービスは9社となる。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ