泣き叫ぶ娘になす術なし…失敗から学んだ子連れで飛行機に乗るコツ【ふたごむすめっこ×すえむすめっこ 第41話】

こんにちは。5歳の双子と2歳の末っ子の三姉妹育児をしている田仲ぱんだです。今年の夏休みは、夫を置いて、三姉妹を連れて北海道へ飛行機に乗って帰省していた私。

夏休みを北海道で過ごすことは、涼しいし、食べ物はおいしいし、楽しくて言うことなし。ですが、何よりも心配なのが、私たったひとりで、子ども3人を連れて飛行機に乗って、無事たどり着けるのか…!?

■地獄だった…子どもと母だけの飛行機帰省<昨年版>

なにせ、去年は、本当に地獄だったのです。

当時、1歳だった末っ子、飛行機に乗るときに周りに迷惑をかけないようにと、次のようなぐずり対策をしていきました。

●午前中の早い時間帯のフライト(眠くてぐずる時間にかぶらないようにする)
●時間つぶし用におやつ、おもちゃ、ゲーム

こうして私たった1人で3人を連れて飛行機に搭乗。最初に周囲の方には「ご迷惑をおかけするかも…」とお伝えしていたのですが、

飛行機に乗っている時間の半分以上泣き叫ぶ、前の席を蹴ってしまう…。
本当に、周囲の方に大大大大迷惑だったのです…(汗)

そのときの私の心労たるや…

■早く着いて! 対策すべて失敗したときのママの気持ち
あやしても、ミルク飲んですべてダメだったときのママの心境

早く…早く…着いてくれ…!

そう思うけど、しんどいときほど、時間が過ぎるのって遅いですよね~…。

おもちゃで誘ってみる、ミルクを飲ませてみる、話しかけてみる、スペースのあるところで立ってあやしてみる…すべてダメでした…。

そして北海道、めちゃくちゃ遠い。フライト時間は2時間半もあります。

とてつもない泣き声と暴れように、迷惑そうな周囲の人の雰囲気を肌で感じました。1時間以上、地獄を味わいながら、やっとこさ到着した思い出。

到着したときには、周囲の方に何度も迷惑をかけたことをおわびしました。

■子どもと母だけの飛行機帰省<再び!>

そんなこともあって今回のフライトは万全を期することにしたのです。

飛行機で子どもが泣かないための対策

昨年対策したものに加えて
●飛行機の中で汚さずに、少しずつ食べられるお菓子
●手を使って遊べて、音などがしないおもちゃ
●iPadに、娘の好きな動画をオフラインでも見られるようにダウンロード(子ども用ヘッドフォンも準備)

前回は知らなかったのですが、私の登録している有料動画サービスでアプリに動画をダウンロードして、オフラインでも見ることができるサービスがありました。そこで、大量のアニメをダウンロード。

実際に飛行機に乗った際は、おやつ、おもちゃ、ゲームとそれぞれひとつずつ消費していき、もう他に何もすることがないというタイミングで、アニメを見せました。

■子連れでつらかった外出も楽しくなる日が来る!
アニメ好きも飛行機では役立つ

これのおかげで、去年はあんなに大泣きだった娘が、着陸までぐずることなく、ひと言も泣くことなくいられたのです。

1歳のときは、あまりアニメに興味がなかった末っ子も、今はアニメが好きすぎて、止めないと何時間でも見てしまいそうな勢いだったのですが、それが飛行機では助かりました。

ほかにも、5歳の姉たちが「これで遊ぶ?」「一緒に食べよう~」とあやしてくれたのも大きかったかと思います。

子連れでの移動は、泣き声などで周りに迷惑をかけてしまう場面が多々あり、親も気疲れしてしたり、外出することが怖くなったりしてしまいます。でも今回、私は子どもの成長と共に楽になってきたことを実感しました。

外出前にいっぱい準備して、対策を考えて、それでも泣かれてしまって、つらい思いをしているママさんも多いと思います。私のような経験をした人もたくさんいるでしょう。

でもだからこそ、赤ちゃん連れのママさんをあたたかく見守っていきたいと思っている人もたくさんいますよ。

あと一息。一緒に頑張っていきましょう。

(田仲ぱんだ)

当記事はウーマンエキサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ