新川優愛“ロケバス婚”で好感度が急上昇 夫は「陽のエネルギーで人生を歩んでいる方」

wezzy

2019/9/9 16:05


 先月9日に新川優愛が一般人男性と結婚することを発表し、“ロケバス婚”として盛大に祝福された。新川優愛は翌々日の11日に「自分の口からご報告できれば」と会見を開き、記者からのさまざまな質問に落ち着いて答えたが、この会見で結婚相手となる男性の職業がロケバス運転手であることが明かされ、“ロケバス婚”と話題になったのだ。

この結婚報告会見は結果的に、新川優愛の株を“爆上げ”した。

会見で新川優愛が語ったところによると、夫となったロケバス運転手の男性は、新川より9学年年上の35歳。新川は自分への態度が優しいことだけではなく、彼が他の人に接する態度の感じの良さに惹かれたと話した。

「お人柄が素敵な方」「色んな方への接し方が素敵な方」「気持ちがすごく温かくて、陽のエネルギーで人生を歩んでいる方」「明るいところが素敵」等々、新婚の夫を褒めちぎった。新川優愛はまだ25歳で女優としては“これから”のため、結婚発表当初は「早すぎるのでは?」と懐疑的な声もあった。しかし陽のエネルギーで人生を歩んでいる素敵な男性と出会い、「この人しかいない!」と自然なかたちで確信できたのかもしれない。

新川優愛は「既婚者」ではないかを最初に確認
 新川と男性は10代の頃から面識があったというが、個人的に話すようになったのは3年ほど前。新川が「バスに忘れ物をした」と嘘をつく形で、男性にアプローチしたのだという。また新川は最初に、相手が既婚者ではないかの確認をしたそうだ。

最初のアプローチから半年後には交際に発展。デートで公園で犬の散歩をすることはあったが、「発表までお出かけは控えよう」との考え、人混みには行かないようにしていたという。1年半前、交際開始から1年が経過した頃に、結婚の話が出るようになり、公表のタイミングは新川の仕事スケジュールを考慮したそうだ。

完璧すぎる「配慮尽くし」で、好感度の上がり幅が半端ないと評判だった、新川優愛の会見。一方、会見では取材陣の失礼な質問も目立った。

たとえば、ある記者は、現在25歳で女優としても活躍の場が増えている新川に、結婚はまだ早いと二の足を踏まなかったのかを尋ねた。これに対し新川は、独身だからできることもあるしたうえで、「でも、結婚することによって経験できる感情だったりとか、それがもしかしたらお仕事にも活かせるかもしれない」と考え、結婚に踏み切ったと説明。

相手を選ぶ「基準」など、他にも無神経な(しかし定例のような)質問は他にも飛び交い、妊娠や出産という非常にデリケートな(しかしこちらも定例化している)質問もあったが、「欲しいけど、授かりものなので。できてもできなくても、おじいちゃんとおばあちゃんになっても笑っていられたらいい」と明るく回答した。

正直な話、虚構の役柄を演じる仕事である以上、「独身女優」か「結婚している女優」かが、仕事にそれほど影響を与えるとは思えない。あくまでCMやバラエティを基準にしたタレントイメージの問題なのだろう。新川優愛には女優としてまだまだ広く活躍してほしい。

当記事はwezzyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ