『トゥームレイダー』リブート続編、『フリー・ファイヤー』監督がメガホンか

 女優のアリシア・ヴィキャンテルでリブート映画化された2018年作の『トゥームレイダー ファースト・ミッション』。俳優のトム・ヒドルストン主演SF『ハイ・ライズ』の脚本家エイミー・ジャンプの脚本で続編企画が進められていたが、全米公開日と共に監督が決まったという。

【写真】アリシアの鍛え上げた美ボディにも注目『トゥームレイダー ファースト・ミッション』フォトギャラリー

The WrapやDeadlineによると、若きララ・クロフト役のアリシアは続投で、映画『フリー・ファイヤー』や『ハイ・ライズ』のベン・ウィートリー監督がメガホンをとるという。現地時間2021年3月19日より全米公開予定となっている。撮影は2020年前半に始まるとのことだ。アリシア以外の続投キャストや新キャスト、あらすじなどの詳細は不明。

1作目の『トゥームレイダー ファースト・ミッション』は2013年にリブートされた新『トゥームレイダー』ゲーム版がベースとなり、普通の女子大生だった若きララが、世界を滅ぼしかねない秘宝を封印すべく冒険の旅に出るさまを描いた。世界興行収入は約2億7400万ドル(約292億8300万円)以上を上げたが、北米興収は全体の21%を占める程度だったため、続編が本格始動となり胸をなで下ろしたファンもいるだろう。

続編はリブート・ゲーム版の2作目の流れを受けるのか、それとも新たなストーリーになるのか。続報に注目だ。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ