田中圭 『あなたの番です』への反響に言及 次なる“挑戦”も告白

 俳優の田中圭が9日、都内で開催されたソフトバンク記者発表会に登壇。前日に最終回を迎えた『あなたの番です』(日本テレビ系)の反響についての感想や、芸能生活20年目の抱負を明かした。

【写真】『あなたの番です』白タキシードから一転、黒スーツで決めた田中圭

黒のスーツでビシッと決めて登場した田中。「(ドラマの)最終回で白いタキシードを着たんです。なので今日は黒のタキシードを着ようと思って」とニヤリ。司会者から『あなたの番です』の最終回がSNSで盛り上がっていたことを振られると、「よかったです」と安堵の表情を見せた。

今回、ソフトバンクは2年契約の撤廃、シンプルで低価格な料金プラン、端末分離プラン、スマホデビューPayPayキャンペンーンなど、新たなサービスを発表したが、その中で田中が一番気になったというのは端末半額サポート+(プラス)。最大スマホの機種が半額になるとのことで、「普通にうれしいですよ」と語った。

そんな中、イリュージョニストのザクト慶が、半額オフを目に見る分かりやすい形で表現するため登場。田中もザクト慶とサポートのもとイリュージョンに参加することになり、女性の体を半分に分けるイリュージョンに挑み、成功。田中は「半分でしたね」と結果に驚き、「幅が広がりました。イリュージョニストの役がきたときは慶を見習います」とほほ笑んだ。

さらに半額にかけ、田中自身が「半分にしたいことは?」という質問も。迷いながら「冬」と回答した田中は、「寒いのがすごい嫌い。冬ロケが着こめず、中にホッカイロとかもなるべく貼りたくなくて。冬ロケはがくがくブルブルしているで、早く終わればいいなと思います」と願望を打ち明けた。

来年、芸能生活20周年を迎える田中。『あなたの番です』が放送終了直後ということもあり、「チャレンジした作品が終わったばかりなのにもう新しい企画とは」と戸惑いつつも、「長いクールをやらせてもらったので、次は映画やネットとかで連動する企画も面白そう」と告白。

さらに、「昨年、今年とお仕事で刺激的な経験をたくさんやらせてもらっているので、それを糧にして、来年も観てくださっている人にワクワクしていただけるような作品を届けられるよう、自分もワクワクしながらお仕事をしたい」と抱負を誓っていた。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ