サブカル本のコーナーに絵本!? 大人絵本が新時代に……


絵本コーナーがない本屋さんでも置いてある絵本といえば、タレント・有名人の絵本でございます。先日、発売になった木梨憲武さんの絵本「きもちのて」も、そのひとつでございます。

アート系の書籍を扱う書店では、大人向けのアート系の絵本が置かれておりますが、なかなか普通の本屋さんで絵本コーナー以外に絵本を置いてあることはございません。

そんななか最近、サブカル系のコーナー等で絵本を見かけることがございます。

その背景にあるのが、ギャグ系漫画家のみなさまの絵本進出でございます。

昨今、漫画家のみなさまが続々絵本に参入されております。中でも目立つのが、シュール系ギャグ漫画の方々でございます。タナカカツキさま、吉田戦車さまも何冊も絵本を出されております。

つい最近も、あの大橋ツヨシさまが絵本デビューを果たされました。

「ああ、あの超シンプルで素朴なキャラクター(絵)の4コマの人か」と思われる方も多いかと。代表作は「かいしゃいんのメロディー」、「エレキング」など。

その大橋さまの絵本がこちら。



「ありさんありさんどこいくの?」(作:大橋 ツヨシ 出版社:双葉社)

アリ達がぞろぞろ歩いていくだけのシンプルな構成でございます。ただ、笑いの積み重ね方がさすがなのでございます。大人がクスリと癒される絵本でございます。

シュールなギャグと絵本・子供の感受性に親和性が高いのか…、ギャグ漫画と絵本の間に、何か重要な共通点があるのか…、気になるところでございます。

大橋ツヨシさまと同じく、最近、絵本デビューを果たした漫画家が、藤岡拓太郎さまでございます。1ページギャグ漫画集「藤岡拓太郎作品集 夏がとまらない」(ナナロク社)が話題でございます。こちらも、シュール・脱力系でございます。その藤岡さまの絵本がこちら。



「たぷの里」(さく・え:藤岡拓太郎 出版社:ナナロク社)

こちも大人にささる癒し系ギャグ絵本かと。とくに、大人女子がハマること間違いナッシングでございます。特設ページ(サイト)で試読もできるようですので、是非、ご体験くださいませ。

ちなみに、こちらの「たぷの里」も漫画やサブカルチャーのコーナーに置いてあることがございますので、表紙を見かけましたら是非、大人が笑える、癒される大人絵本をご体験ください。

今回、最近刊行されたばかりの漫画家の絵本、2冊をご紹介いたしましたが、

大人向けの絵本が増える中、このシュール系ギャグ漫画家の癒し系大人絵本は、新たなジャンルを確立するのではないかと小生は予想&期待しております。

サブカルのコーナーや漫画のコーナーに、このジャンルの大人絵本が続々進出してくる日も近いのでは……。

シュール系漫画家さまの絵本、是非ご注目くださいませ。

(文:絵本トレンドライター N田N昌)

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ