加藤浩次、映画監督に意欲「エージェント契約になったから映画撮れる」


お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次が、8日に配信されたAbemaTV『極楽とんぼのタイムリミット』(22:00~24:00)で、「俺、いつか絶対に映画を撮りたい! エージェント契約になったから、映画撮れるんだから」と映画監督に意欲を示した。

今回は「予告編バトル第2弾」と題して、加藤をはじめ、お笑いコンビ・野性爆弾のくっきー!、俳優の原田龍二、現役大学生監督の吉田麻希の4人が監督として参戦し、制作費10万円と制限時間の中で、“兄弟”をテーマにしたオリジナル映画の予告編制作に挑戦。その予告編には、山本圭壱、『Popteen』モデルの福山絢水、筒井結愛、俳優の山本裕典らが特別出演した。

スタジオで「予告編バトル第2弾」の視聴者投票ランキングが発表されると、吉田監督がまさかの4位という結果となり、「大波乱が起きました!」「マジで!?」と驚きを隠せない一同。続いて、監督に初挑戦した原田に手応えを聞いてみると、「短めではあるんですけど、本編を見たい! と思わせるような(予告編)。役者さんの表現力にお任せした部分もあります」と回答。この回答に加藤が「真面目ですね! 原田さんって、そんなに真面目なんですか!? 真面目に不倫するタイプ?」と問いかけ、原田は苦笑いしながらも「常に本気なんです」と返し、スタジオに笑いが起こる場面も。

ランキングは第3位に原田、第2位にはくっきー!がランクイン。そして視聴者からの投票で「最も本編が見たい第1位」に選ばれた加藤は「俺、いつか絶対に映画を撮りたい! エージェント契約になったから、映画撮れるんだから」と映画監督に意欲を示し、加藤制作の予告編が公開されると、その独特の世界観に、スタジオには大きな拍手が沸き起こった。今回第1位に輝いた加藤の作品は、後日本編を制作する。

(C)AbemaTV

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ