ライブの特定ラジオマイクがアナログ方式の理由


ライブで使用されるワイヤレスマイクは、無線局免許を必要とする高規格の「特定ラジオマイク」です。この特定ラジオマイクの世界でも、デジタル化が進行していますが、他の無線とはやや状況が異なります。ライブのワイヤレス機器がデジタル化せずに、アナログ方式のまま使われ続けている理由を見ていきましょう。

ライブの特定ラジオマイクがアナログ方式の理由

特定ラジオマイクで歌声を送信する


ライブやコンサートにおける特定ラジオマイクは、アーティストやアイドルの歌声をミキサーへ送信することが役目。そこでは他の無線のように、データ通信は行われないので、デジタル化による恩恵を全くといっていいほど受けません。

しかし、メリットが無くても時流に合わせて、特定ラジオマイクもデジタル化してもよさそうなものですが、看過できないデメリットがあるのです。

それは音の遅延。歌声をデジタル化して送信するには、音声データをエンコード(圧縮)し、音声に戻す際にはデコード(復号)が必要になります。この過程において、ごくわずかですが音声の出力が遅延し、音質も変わってくるのです。

アナログ方式の特定ラジオマイク


このズレと音質の変化をアーティストたちは嫌い、コンサートではズレの無いアナログ方式の特定ラジオマイクを使っているというわけです。

そして、演奏音や歌声をアーティストが直接聞くためのイヤーモニターも、アナログ方式が主流。ボーカルマイクがデジタル方式だったとしても、イヤーモニターの音は受信できる可能性が高いわけです。

デジタル化することが、一般的に善とされる昨今の無線界にあって、特定ラジオマイクの世界では、アナログ方式は存在し続けるので、これからもワイヤレスマイク受信は続けられるでしょう。

当記事はラジオライフ.comの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ