天才作家・太宰治のスキャンダラスな恋と人生を大胆に映画化

NeoL

2019/9/9 11:35



写真家・映画監督の蜷川実花が、構想に7年を費やし、作家・太宰治の恋と人生を映画化した『人間失格 太宰治と3人の女たち』が公開。

破天荒な生き方で文壇からは疎まれているが、ベストセラーを連発して時のスターとなっていた天才作家・太宰治。身重の妻・美知子とふたりの子どもがいながら、作家志望の静子、未亡人の富栄にも救いを求め、恋の噂が絶えない太宰。それでも夫の才能を信じる美知子に叱咤され、自分にしか書けない「人間に失格した男」の物語に取りかかるのだが――。

太宰を演じるのは、蜷川監督に「この役が出来るのは絶対に彼しかいないと思っていた」と言わしめた、小栗旬。彼が体現する、究極のダメ男でありながら才気と色気にあふれた、かつてない最高にチャーミングな太宰像に目が離せない。公開は9月13日より。

人間失格 太宰治と3人の女たち監督:蜷川実花出演:小栗旬、宮沢りえ、沢尻エリカ、二階堂ふみ、成田凌千葉雄大、瀬戸康史、高良健吾/藤原竜也配給:松竹、アスミック・エース(2019年/日本)9月13日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー(C) 2019 『人間失格』製作委員会http://ningenshikkaku-movie.com/

当記事はNeoLの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ