オカンが謎のスパイラルにハマり中! 逆に心労が増える子どもたちのお手伝い【ズボラ母の三兄弟カオス日記 第32話】

ウーマンエキサイトの読者のみなさんこんにちは! 5歳、3歳、1歳の三兄弟のオカンあざみです。

うちの長男と次男、お手伝いがしたいお年頃。

手伝ってくれたらオカンもとっても助かるし最高!

…というわけでもなく、これがなかなかややこしかったりする。

ある日の夕食準備中。

お兄ちゃんズが「お手伝いしたい」と申しでてきた。

しかし…

■重いものを持ちたがる
重いものを持ちたがる

そう、より重いものを持ちたいと競い合う長男と次男。

オイオイ、お手伝いという本来の目的、見失ってないかい?

それに重たいものを無理して持って、落としたりしたら大変だし、それが今晩のおかずだったらシャレにならない。

そこで、比較的軽いコップやお箸、取り皿を運んでもらうようにしているのだが…

■こだわりよ…
こだわりよ…

大人からしたらどーーーーでもいいようなことに、こだわるんだよね、子どもって。

しかも人が運んでいるものを見ると、うらやましくなっちゃう。

それがキャラクターものだったりしたら「自分が運びたかった!」とか言って泣きだすし…

ああ、メンドクセ。

目の前で繰り広げられる、兄弟ゲンカにゲンナリしていたら…

■ツメがあまぁぁぁぁいっ! 
ツメがあまぁぁぁぁいっ!

ウチにはね、なんにでも興味を示して、触りたくなっちゃう1歳児がいることを忘れないでよ。

こんな机のへりにコップを置いたら、触って落としちゃうでしょうがあああ!

お手伝いしてもらっているのに、逆にオカンの心労が増えるという、謎のスパイラルにハマる今日この頃。

「もう全部自分でした方がラクだわ…」なんて思いつつも、せっかく「お手伝いしたい」って言ってくれているのに、やる気の芽をつぶしたくない。

この板挟み状態に、どうしたらいいものかと頭を悩ませるオカンなのでした。

(あざみ)

当記事はウーマンエキサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ