『サザエさん』マスオ卒業の声優・増岡弘、『正直さんぽ』は続投で有吉感激

しらべぇ

2019/9/9 11:30




8日放送『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN)で、7日放送『有吉くんの正直さんぽ』(フジテレビ系)のナレーションに復帰した増岡弘について、有吉弘行が感謝を込めて語った。

■高齢でマスオさん卒業


高齢を理由に、これまで長年演じてきた国民的アニメサザエさん』(フジテレビ系)のフグ田マスオ、『それいけ! アンパンマン』(日本テレビ系)のジャムおじさんを卒業した増岡。

12年スタートの『正直さんぽ』では、当初からナレーターを務めてきたが、体調不良で6月29日からの2ヶ月間はフジテレビアナウンサー・西山喜久恵と声優・冨永みーなが代役を務めている。これにファンは「『正直さんぽ』も卒業するのでは」と不安を抱いていた。

増岡は9月7日放送回で、約2カ月ぶりの復帰。「皆さん、ご心配をお掛けしました。今日からまた私がナレーションを担当します。お茶の間の皆さん、そして有吉くん、改めてよろしくお願いします」と報告し、視聴者から安堵の声が広がっている。


関連記事:『サザエさん』3代目マスオさんの声に反響 「思ったより…」

■有吉は感謝


『サンドリ』では、この増岡の復帰について有吉が心境を明かしていく。

「80歳を超えられて体調を崩し、声優業は引退なさった」と前述の『サザエさん』マスオ役を卒業した増岡について有吉は触れたのち、増岡がナレーションを担当する自身の番組『正直さんぽ』に話題を移す。

「体調悪くてお休みになってたけど、『まぁ、さんぽぐらいやるかぁ』って言ってやってくれてるみたいよ。凄い嬉しい、愛着あるんだなぁって思って」


「増岡さんが元気にやってくださってるみたいで。いいなぁ、嬉しいなぁって思いました」


有吉は、ライフワークのように『正直さんぽ』のナレーションを担当してくれる増岡への、感謝と喜びに満ちた言葉を紡いだ。

■増岡復帰に歓喜


『サンドリ』リスナー、『正直さんぽ』視聴者ともに、増岡復帰を大いに待ち望んでいたのだろう。大きな反響が起きている。













■約3割「好きな声優がいる」


しらべぇ編集部が、全国10代~50代の男女1,405名を対象に調査したところ、全体の26.3%が「好きな声優がいる」と回答している。増岡を好きな声優として挙げる人は少なくないはずだ。



役柄や番組の象徴となる場合もある声優。増岡は優しく温かい声で、多くのキャラクターと番組に生命を吹き込んできた。

マスオさんやジャムおじさんは増岡の声から卒業したが、『正直さんぽ』だけはその声を堪能できる。有吉だけでなく、胸をなでおろしたファンは多いだろう。

・合わせて読みたい→『サザエさん』マスオ役を卒業の増岡弘 最後のエンドロールは…

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年5月17 日~2019年5月22日
対象:全国10代~50代の男女1405名 (有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ