車に積んで充電する、ヒュンダイの折りたたみ式eスクーター

190904_scooter
Image: designboom

ラスト1マイルを考える時代。

韓国の現代自動車(ヒュンダイ)が「CES 2017」で発表した折りたたみ式eスクーターのプロトタイプが、これから本格的に製造されるようです。

ステムはスライドで伸縮し、人が立つボード部分も内側に二つ折りになり、グリップもたためば小脇に抱えられるほどコンパクトになります。その重量は約7.7kgとのこと。


自動車を運転中に車内で充電


designboomいわく、航続距離は20kmで、最高速度も時速20km。ヒュンダイや傘下の起亜自動車(キア)の車に積んでいる間に充電されるよう設計されています。何だかホンダのモトコンポを思い出すような感じですね。なので彼らはこれから、このeスクーターを収納できる自動車を作ることになるでしょう。

安全面も考慮


走行時はスマホと連動して充電残量や速度も表示され、前後にはヘッドライト、テールライトが装備されているので夜間走行も安全。そして航続距離を7%増加させるべく、回生ブレーキも搭載するつもりでいるのだとか。
190904_scooter2
Image: designboom

このスクーターは、車をどこかに停めてから目的地までの、ラスト1マイルを移動することを目的としています。目的地に着いたら不要になってしまう乗り物ですが、こうして小さく折りたたむことで、邪魔にならずに持ち運べるようになるのです。おそらく誰もが感じていた、到着後の問題…今後はさまざまな企業が知恵を振り絞ってきそうですね。

Source: YouTube via designboom

当記事はギズモード・ジャパンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ