新iPhoneはプライバシー保護が強力に アップル新OSがもたらす変化


新しいiPhoneが間もなく姿を現します。デザインや機能、装備がどう変わるのか期待がふくらみますが、すでに約束されている変化が「新OSのiOS 13でプライバシー保護の機能が強力になり、より安心してインターネットやアプリ、SNSが使えるようになる」ということ。新iPhoneでどのような変化がもたらされるのか、改めておさらいしたいと思います。

○アプリに対する位置情報の保護機能を強化

9月11日の午前2時(日本時間)にスペシャルイベントを開催するアップル。例年通り、新しいiPhoneがお披露目されることになります。新iPhoneのハードウエアがどう変わるのかは現時点では明らかになっていませんが、新OSのiOS 13は6月に米国で開かれた「WWDC 2019」にて新機能や改良点がすでに発表されています。

新OSで特にアップルが重視しているのが「プライバシー保護」。アップルのプライバシー保護の姿勢は明確で、アップルの担当者は「ユーザーのプライバシーを犠牲にして商売することは許しません。『インターネットのサービスやコンテンツの利用にお金を払わずに済むならば、プライバシーをある程度犠牲にするのは仕方ない』と考えている人は多いでしょう。しかし、アップルはそれには同感できません。プライバシーを守りながらでも、最善のサービスを提供することはできるのです」と語ります。

まず、アップルがiOS 13で取り組むのが位置情報の保護です。「位置情報は、多くの人が考えている以上にセンシティブなもの。訪れた場所や時間、曜日、回数、滞在時間などの情報を分析すれば、スマホを使っている人がどこに住んでいるのか、勤務地や学校はどこなのか、どのような病気に悩んでいるのかが丸見えになってしまいます。残念ながら、一部のアプリで位置情報の悪用が目立っていることが分かりましたので、iOS 13では位置情報を取得しようとする際の通知を強化しました」と語ります。

iOS 13での改良点が、位置情報の使用許可に「次回確認」(Ask Next Time)という選択肢を新たに追加したこと。アプリが位置情報を取得しようとするたびに表示されるので、意図しない位置情報の取得があったことが把握でき、不要な位置情報の漏洩が防げるわけです。

○プライバシー重視のソーシャルログイン「Sign in with Apple」

iOS 13で追加されるプライバシー保護の新機能の1つが「Sign in with Apple」です。さまざまなWebのサービスやアプリを利用する際、いちいちユーザー登録をせずにSNSなどのログイン情報でログインできる「ソーシャルログイン」が普及していますが、そのアップル版というべき存在です。

GoogleやFacebookに負けじと、アップルもソーシャルログインに参入した…という単純な理由で作ったわけではありません。ほかのソーシャルログインで狙われるユーザーのプライバシー情報を犠牲にすることなく、安心してログインできるようにしたのが特徴です。

多くのソーシャルログインは、ユーザーの名前やメールアドレス、誕生日、居住地など、自社が持っている情報をログインするサービスの会社に渡していることがほとんど。つまり、ユーザーは面倒な会員登録の作業が省ける代わりに、大事な個人情報を差し出しているわけです。プライバシーを売り物にするのをヨシとしないアップルがこの状況を看過するわけにはいかず、満を持してApple IDでログインできるソーシャルログインを作ったわけです。

Sign in with Appleを使ってログインする際、誕生日や居住地などのプライバシー情報は渡さないだけでなく、希望すれば名前やメールアドレスを伏せてログインすることも可能なのがポイント。その場合、メールアドレスはログインのためにランダムで作られたものを使うため、そのアドレス宛てのメールをブロックすればそれ以降はメールを受信せずに済みます。

耳寄りなのが、Sign in with Appleはクロスプラットフォームに対応していること。アプリだけでなくWebサイトでも使えるので、AndroidスマートフォンやWindowsパソコンなどアップル以外のデバイスでも利用できます。

○Safariやメッセージなどの標準アプリも強化

iOS 13では、標準搭載のアプリでもプライバシー保護の機能を強化しています。

まず利用頻度の高いSafari。アップルの担当者は「Safariの検索窓を使って検索すれば、検索サイトの検索窓を使うよりも送信される情報を抑えられます。また、あるWebサイトで見た内容の広告が異なるWebサイトでも表示されるのを防ぐ『Intelligent Tracking Prevention』は、機械学習を用いてブロックの効果を高めました」と語ります。

メッセージ機能もプライバシー重視の設計にしていると力説します。「メッセージアプリは送信時に端末で暗号化が施され、それを復号できる秘密鍵を持っているのは送信者と受信者だけ。第三者が通信の途中で内容を読み取ることはできません。たとえアップルであっても通信キャリアであっても不可能です。また、iPhoneには文字入力の予測変換機能がありますが、これもアップルが知ることはできません。すべて、お手持ちのiPhoneだけにとどまります」と解説します。

Apple Payについても、アップルの「ユーザー情報は見ない、持たない」が徹底されています。「Apple Payにクレジットカードをアップロードしても、アップルは情報に一切アクセスできません。カード番号はデバイス自体に格納されず、専用のアカウント番号が使われるので、購入履歴も分かりません」と、プライバシー重視の設計をアピール。
○写真の位置情報を削除するかどうかが選べるように

現在、TwitterやFacebookなどの主要なSNSは、写真に付いている位置情報を自動で削除する仕組みになっており、写真を投稿しても位置情報が漏れる心配はありません。ただ、個人が解説しているブログなどはこの限りではなく、不用意に写真を投稿すると位置情報が筒抜けになってしまいます。写真をメールなどで直接送信するのもNGといえます。

iPhoneやiPadの設定の「位置情報サービス」で、カメラアプリの位置情報の利用を許可しないように設定すれば、撮影時に位置情報が入ることはなくなります。ただ、写真アプリを使った際、撮影地でまとめて表示することができなくなるので、撮影時に位置情報をまったく付けないといささか不便になります。

iOS 13やiPadOSでは、写真を共有する際、位置情報を付けたままにするか削除するかを選べる機能が加わります。写真をSNSやブログで使うごとに指定できるので、撮影時には常に位置情報を付与する設定にできます。写真に位置情報が付与されるメリットを享受しつつ、位置情報の漏洩を水際で防げるうれしい改良点といえるでしょう。

○スリープモードにしたMacBookのありかを探せる

iOS 13やmacOS Catalinaで強化されるのが、自分の端末のありかを探す「Find my」(日本語版では「探す」)です。新しい機能として、周囲にあるさまざまな人のiPhoneやiPadなどのデバイスを利用し、オフライン状態にあるMacBookを検出できるようになりました。

新OSでは、MacBookをスリープモードにしても微弱なBluetoothの信号で公開の暗号鍵を発信し続けます。周囲にあるiPhoneやiPadがその信号をキャッチすると、その端末経由で現在地を暗号化してアップルに通知し、MacBookの所有者に知らせるという仕組みです。iPhoneのユーザー数が多い日本においては、特に“使える”機能になる可能性があります。

ただ、検出に他人のデバイスを介することで、「誰かのMacBookがあの場所にある」「○○さんのMacBookが捜索されている」といったプライバシーが漏れないか気になるところです。アップルによると、暗号化された位置情報を復元できるのは本人だけで、アップルでさえも位置情報を読み出すことはできないといいます。また、手持ちのiPhoneがバックグラウンドで誰かのMacBookの検出に協力していたとしても、そのことに気づくことは一切ないそう。検出を手助けしているiPhoneのバッテリー消費やパケット通信量は、ほぼ無視できる程度の微々たる増加にとどまるとのことです。

さまざまな発表がなされるスペシャルイベントは日本時間9月11日の午前2時から始まります。いつものようにインターネット中継もされますので、どのような新製品や新サービスが登場するか、楽しみにしていましょう。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ