必死になるのはかっこ悪い? 「そんな考え方こそ…」との批判も

しらべぇ

2019/9/9 08:00

(Hakase_/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
なにかに打ち込んで必死になる姿は、ときに他人からの共感を呼ぶ。しかしながら、一方で必死な人を笑う人もいるのが寂しいところである。

■「必死になるのはかっこ悪い」は少数


しらべぇ編集部では全国10~60代の男女1,653名を対象に、「努力について」の調査を実施。



「必死になるのはかっこ悪いと思う」と答えた人は、全体で13.4%だった。


関連記事:「おばあちゃん」と呼ばれたくない義母 必死な姿に「嫌気が差す…」

■必死になれるものがない人のほうが…


性年代別では、30代男性が一番少ない割合になっている。



必死になれるものがない人のほうが、かっこ悪いとの声も。

「仕事でもプライベートでも、必死になれるものがない人はとても寂しい人生を送っていると思う。なにを楽しみにして、日々を暮らしているのかって感じ。


むしろ『必死になるのはかっこ悪い』と思っている人のほうが、とてもかっこ悪い気がするな」(30代・男性)


■たまには肩の力を抜いて


一方で同じ30代でも、女性は一番高い割合になっているのが印象的である。

「『必死にならない』というのは『やる気がない』とかの悪い意味ではなく、もっと肩の力を抜いてもいいんじゃないかなってこと。


とくに20代の頃は周囲に負けないようにと仕事とかも力を入れてやってきたので、それに疲れてしまった。適度に脱力することも大切なんだってことを、自分に言い聞かせている」(30代・女性)

■スポーツでも必死な選手に共感


スポーツ観戦では、選手が必死になる姿に共感するものだ。

「スポーツとか見て熱くなれるのは、選手がみんな一生懸命に取り組んでいるから。それをかっこ悪いと否定するような人とは、絶対に仲良くなれない。そんな人とは、考え方が根本的に違うような気がする」(20代・男性)


「必死になるのはかっこ悪い」と思っている人は少数なのは、少し安心できる結果だといえるだろう。

・合わせて読みたい→桐谷美玲、必死すぎる自撮り写真にファン悶絶 「その角度でもかわいさ伝わる」

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年8月9日~2019年8月14日
対象:全国10代~60代の男女1,653名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ