月9『監察医 朝顔』原作漫画・木村直巳氏が全幅の信頼「いちファンです」


●真摯に謙虚に作品と向き合ってくれる
女優の上野樹里が主演するフジテレビ系月9ドラマ『監察医 朝顔』(毎週月曜21:00~)。上野演じる朝顔が監察医として事件や遺体と向き合う姿に加え、夫役の風間俊介、娘役の加藤柚凪、父役の時任三郎と繰り広げるホームドラマ、そして東日本大震災で消息を絶った母への思いを丁寧に描き、視聴率も好調に推移している。

そんな同作に対し、Twitterなどでエールを送り続けているのが、原作の作画を担当した漫画家の木村直巳氏。撮影現場を訪れた同氏にインタビューすると、何度も「いちファン」と公言し、キャラクターのイメージや設定の変更を評価するなど、ドラマの制作スタッフ・キャストに全幅の信頼を寄せていた――。

○■初回放送は正座して視聴

――まずは、原作漫画の作画をすることになった経緯から伺わせてください。

当時の担当編集者が、法医学者の佐藤(喜宣・杏林大学医学部名誉教授、原作監修)先生と知り合い、法医学者の物語を漫画にできないかと考えて企画を持ってきて、とりあえず僕がネーム(構図)を1本作ったんです。でも、それが通らなくて、原作者をつけてみようということで香川(まさひと)さんを紹介されました。そのシナリオには親子の物語が描かれていて、これはいい感じだなと思ったんですよね。

――それで、実際に作品が動き出したんですね。

原作と作画が別になると、僕の思いとマッチする、同じような気持ちで描いてくれる人が少ないんですけど、読んだ瞬間に共感しました。シンパシーを感じたというのかな、この原作ならやっていけるという直感がありました。そのまま毎回原作を読むのが楽しみになって、だんだんキャラクターもでき上がっていったんです。それと、この作品は早い時期に原作者と対面できたんですよ。漫画の世界では、連載が終わるまで紹介してもらえないこともよくあるんですけど、早い時期に2人で会って「ああしたいね」「こうしたいね」ってやっていけたので、そこがとっても良かったなと思います。

――そんな手応えのあった作品が、連載終了してから7年が経ってドラマ化されたわけですが、それを最初に聞いたときはどんな気持ちでしたか?

夢みたいでしたね。まさに信じられないという一言でした。僕の長い漫画家人生でも、そういう話ってしょっちゅうあって、「やっぱりダメでした」になることが多かったので、今回もたぶんウソだろうなと思っていて(笑)。でも、結構具体的に話が進むようになって、しかもシナリオまで届くようになった段階で「うわ~! 本当なんだ!」と思って、うれしかったですね。

――そして実写化されたドラマが始まって、印象はいかがですか?

もう正座して1回目を見たんですけど(笑)、とにかくじっくり丁寧に作られているドラマで、本当に「ありがとうございます」という気持ちしかないです。僕らの作ったキャラクターとは微妙に違うんですけど、古い日本家屋に住んでる親子であるとか、茶子との師弟関係とか、一番大事にして描いていた人間関係の部分を丁寧に抽出して、エッセンスとしてドラマに落とし込んでくれている感じが、とてもありがたかったです。

――朝顔の家は、3世代が一緒に住むというのも含めて、古き良きという感じで印象的ですよね。

あの風景って、今はほとんど失われちゃったんですよ。それがかえって新鮮になる時代が来たのかな、これが令和なのかなって思いましたね。それは、折坂(悠太)さんの主題歌も含めて、すごく素敵な世界になっていると思います。

――先生のTwitterを拝見すると、「ウルッときてる」というツイートもありますが、泣きながらご覧になることもあるんですか?

もう毎回ウルウルしてます(笑)

――ドラマのストーリーについては、制作陣に任せているんですか?

そうですね。香川さんとプロデューサーの方にお会いしたとき、非常に真摯(しんし)に謙虚に作品と向き合ってくれているのが分かったので、これはもうありがたいなという気持ちしかなかったですから。もう勝手にしてくださいということで、僕も香川さんも、「とにかく良い『監察医 朝顔』を作ってください」としか言いませんでした。
○■風間俊介演じる桑原は原作と別物

――原作と上野さんの朝顔は、ビジュアルの印象がだいぶ違いますよね。

原作とは違うキャラクターとして存在していると僕は思ってます。髪の長さも違いますが、原作でも出産前にバッサリ切っていてその印象もあるので、上野さんのやっている朝顔の髪の長さも、違和感はないですね。僕の描いた朝顔も朝顔で、ドラマの朝顔も朝顔。全く違うわけではないんですけど、どちらも大好きです。

――原作のイメージに一番近いキャラクターは、誰になるでしょうか?

実は、茶子先生だと思うんです。山口智子さんは丁寧に美しい茶子先生に切り替えてくださってる感じがして、本当に毎回見てワクワクしています。妖怪めいているところまで演じていただいているので、見ていて本当に面白いですね。

――逆に、原作とは違うけど「こういう描き方があったのか」と思うようなキャラクターは?

桑原くんは別物です(笑)。僕の描いた桑原は、「桑原くん」なんて呼ばれるような人じゃなくて、もっと強面のハードボイルドな男なので、風間俊介さんが演じるかわいらしい桑原くんになったのは、意外性もあるけど「朝顔の旦那がああいう桑原くんで良かったな」と思います(笑)。漫画の朝顔のお父さんは身長が小さいんですけど、時任三郎さんは大きいですから、朝顔が妊娠して、桑原くんが「朝顔~!」って言いながら平さんに抱きついたときはビックリしましたね(笑)。でも、あれも素敵なシーンでしたね。

――ほかに、印象に残っているシーンはありますか?

帰宅した朝顔が玄関を開けると、平さん(時任)が台所の冷蔵庫の前で奥さんに話しかける姿が見えるというシーンは、最高に素晴らしかったですよね。先ほどセットを見学させていただいたんですけど、玄関から台所まで、この距離だったら聞こえるなあと思いながら、あのシーンを思い出して感動しちゃいました。

――やはり、撮影現場を見ると、自分の描いたものが立体的になっていることに感動されるんですか?

そこよりも、いつも見ているドラマの中に飛び込んだ感じがして、もう夢みたいでした(笑)。ドラマのいちファンですから、本当にうれしかったです。それと、現場に一体感があって、素晴らしかったですね。和気あいあいと心が通じ合ってる感じで撮影が進行しているのが見られて、とても良かったです。

●東日本大震災への設定変更、京アニ配慮への思い

――遺体を解剖するときに朝顔が「教えてください、お願いします」と遺体に話しかけるのは、実際に原作監修の佐藤先生もやられているそうですね。

漫画を描くたびに、「これは実際にはどういう風に言ってるんだろう」って想像するんですけど、実はその想像の中で、声が聴こえてきたことがあまりなかったんです。でも、上野樹里さんが言っているあの言葉を聴いたときに、「あーこれだ!」って分かった感じがしたんです。漫画では手を合わせるんですけど、ドラマではご遺体に触って話しかけていて、それもまた素敵でうれしかったですね。

――漫画からの大きな設定変更として、朝顔の母・里子が、原作では阪神大震災で亡くなっていますが、ドラマ化するにあたって舞台を2019年の現在に置き換え、8年前の東日本大震災で被災・行方不明ということになりました。これについては、いかがですか?

僕は、石巻(宮城県)の「石ノ森萬画館」とオープン当時(2001年)からお付き合いがあって、震災の前から石巻に何度も行って、向こうに友達もいっぱいいるんです。震災の2カ月後には瓦礫の山になった石巻を目の当たりにして、萬画館の人たちから「この震災をテーマにした漫画を描いてほしい」と言われて、2年後には地震を経験した漁師を主人公に描きました。この石巻で取材したことは、『朝顔』でも反映させているんです。そして、僕は両親が東北の人間で、非常につらい思いもしてきたので、あの震災を風化させてはいけないという思いから、東日本大震災を描いてくれることは本当にありがたいですし、感謝しています。

――また、京都アニメーションの放火事件があり、放火事件を扱ったドラマの第3話放送を1週見合わせ、配慮した形に編集して放送するという対応もありましたが、これについて先生は「心遣いに感謝」とツイートされていましたよね。

3年前から大阪芸大のキャラクター造形学科で先生もやっているんですが、ここで教えている学生は、漫画家になる人もいればゲームクリエイターになる人もいて、中にはアニメーターになる人もいるんですよ。だから、もしかしたら教え子がその現場にいたかもしれないし、狭い業界ですから僕自身がそこにいたかもしれない…そういうことを考えると、これはとても許しがたい事件であるし、本当に未来が失われる感じがしたので、今回のドラマの決断に関しては本当に感謝しているんです。そういうところも、ドラマの制作陣の皆さんへの信頼につながっています。
○■まだまだ終わってほしくない

――ドラマの視聴率も好調ですが、先生のほうに反響は届いていますか?

漫画は大人の男性向け雑誌で連載していたので、女性の方には認知されていなかったと思うんですよ。それが今、電子書籍で読めるので、女性の人たちも読んでくださっているんです。ドラマの影響で「面白い」という感想がTwitterで見られるので、「やった!」という気持ちがあります。7年前の作品がまたこうやって日の目を浴びるのは、作者としてもうれしいです。

――ドラマは終盤に入っていきますが、今後の期待はいかがでしょうか?

漫画では(朝顔の娘の)つぐみちゃんが生まれてくるのは最後のほうで、生まれてからはほとんどエピソードがなく終わっちゃうんですよ。ドラマではわりと早い時期に結婚して子供が生まれる展開になっているので、どういう風になっていくのか、とても楽しみです。最後はやっぱり、未来につながる終わり方をしてもらいたいですし、まだまだ終わってほしくないなっていう気持ちもあります(笑)。いちファンとして、これからも朝顔や平さんの活躍を見たいです。ホームドラマですから、『渡る世間は鬼ばかり』や『北の国から』みたいに、ずっとやってもいいですよね(笑)

――ドラマが放送されるのをきかっけに、漫画も続編を作ろうという話にはなっていないんですか?

僕はやりたいんですけど、香川さんが「次はグルメ漫画を描こう」って言って、今はそっちが進行しています(笑)。夫婦漫才の2人が日本中をあちこち回って、おいしいものを食べてラブラブするっていう面白い漫画を描いています(笑)

●木村直巳1962年、東京都新宿区に生まれ、千葉県佐倉市で育つ。78年、『最後の妖精』が新人賞佳作に入選し、高校1年生でデビュー。主な作品に『ダークキャット』、『イリーガル(原作:工藤かずや)』『監察医 朝顔(原作:香川まさひと)』など。03年、『てんじんさん』で第7回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。現在、「漫画『時代劇』」で『銭形平次捕物控(原作:野村胡堂)』を連載中。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ