レ・ロマネスクのTOBIが詐欺師役に『びしょ濡れ探偵 水野羽衣』

音楽ユニット、レ・ロマネスクのTOBIが、大原櫻子主演ドラマ『びしょ濡れ探偵 水野羽衣』(テレビ東京系、毎週水曜25:35~)の第11話(9月11日放送)に、詐欺師役で出演する。どんな芝居を見せてくれるのか注目だ。

同ドラマは、水に濡れるとタイムリープできるという特殊な能力を持つ女子大生の羽衣(大原)が、その能力を生かし「びしょ濡れ探偵」として毎話事件を解決へと導く物語。大原のほかに、兄・淳之介役の矢本悠馬、父・進吾役の大堀こういち、友人・ヤン役のヤオアイニンがレギュラー出演中だ。

<第11話 あらすじ>
ある日、福引所係員の遠藤(渡辺佑太朗)と福引の残念賞のつぶしカレーパンを作るパン屋の稲垣(芹澤興人)が、水野探偵社にやってくる。4日連続で福引で1等を当てるサングラスにマスク姿の怪しい女がいる為、イカサマか調べてほしいという依頼。

一方で、進吾(大堀)は、詐欺師の鷺沼(TOBI)に全財産を騙し取られてしまい、さらにその詐欺師が事故で死亡したというニュースを聞き落ち込んでいた。羽衣はタイムリープ先で、2つの事件の繋がりを見つけ……。イカサマ事件の真相とは? そして、怪しい女の驚きの正体とは?

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ