「ミスFLASH2020」ファイナリスト15名発表、懸命に最後のアピール

dwango.jp news

2019/9/9 05:00


今年で14年目を迎えます光文社が主催・運営するミスコンテスト「ミスFLASH2020」のファイナリスト10名が出揃い、9日渋谷にてお披露目と記者発表が開催された。

マシェバラ、SHOWROOM、読者投票のポイントが選考へのカギとなる本オーディション。毎年ファンと二人三脚で挑むガチンコバトルには数々の感動と涙がある。



今年のファイナリストに駒を進めたのは、セミファイナル総合1位の藤田いろは、以下2位日野アリス、3位瀬戸ローズ、4位塚田綾佳、5位白宮奈々、6位崎川みずき、7位佐々木萌香(欠席)、8位平崎里奈、9位河原桃子、10位東坂みゆの10名に、敗者復活総合1位の早川みゆき、2位山口紗矢佳、3位梶谷唯、4位エリス瑛菜、5位ヲヲタリンリンの合計15名。

彼女らは勝負を掛けた水着姿で壇上に上がると、ひとりひとり意気込みを語った。安定のランキングでファイナルに進んだ参加者もいれば、下位順位から一気の捲り上げに成功した子も。ファンとの共に頑張ったことを思い出し、自己紹介中に堪らず涙を流したり、緊張で膝や手の震えが止まらなかった子も。

最年長28歳の塚田は、その腹筋の綺麗さが目を惹いた。「(年上の分)いろんな活動をしてきました。がむしゃらに頑張ってきて、今回反対もあったのですが、今がグランプリを目指せるときかなと思っています」と意気込むと、名古屋発アイドルグループ、イノセントリリーの崎川は「155cmの小柄なグランプリ目指して頑張ります」とマイクをくるくる回しながら緊張を隠せない様子で懸命にアピール。エントリーナンバー1番の瀬戸は「初めてのグラビアのお仕事がこの番号だったので、エントリーナンバーも結果も両方1番だったと言われるように頑張ります」と話した。

最後のアピールでは、「最近お尻を鍛えていて、良い感じなので見てください」とバックスタイルでポーズを決めた、川崎あやの後輩、“すらリスト”の藤田や、ガールズバンド・Risky Melodyのボーカル日野と、シンガーソングライターとして活動している山口のア・カペラ対決も見応えがあった。また「お願いランキング!」の「私って美人ですよね?」に出演経験のある東坂は、その時カズレーザーに披露した“踊るロケット爆乳”をナマ披露。迫力あるバストの揺れに報道陣も前のめりに見入っていた。

ファイナルステージに残った15名は、9月8日から10月8日(火)で最終審査が行われ、グランプリ数名が選考される。そして晴れて2020年1月「ミスFLASH2020」として頂点のステージに立つ。この15名から誰が栄冠を勝ち取るのか?あなたが推している参加者は栄光を手にするのか!?固唾を飲んで見守っていてほしい。

<写真>

後列左から→瀬戸ローズ、日野アリス、藤田いろは、ヲヲタリンリン、エリス瑛菜、梶谷唯、山口紗矢佳、早川みゆき

前列左から→東坂みゆ、河原桃子、平崎里奈、崎川みずき、白宮奈々、塚田綾佳

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ