【3日坊主】今度こそ「続く」!ホントに簡単なストレッチ3つのコツって?

OTONA SALONE

2019/9/8 20:30



こんにちは! ヨガクリエイターのayaです。

普段は自分のヨガスタジオ「syaraaya」やさまざまなイベントでヨガを教えています。延べ30万人を超える生徒を指導してきたなかで、気づいたことがあります。

それは「背中を意識して使っている人が少ない」ということ。ヨガを習いにくる、いわゆる“美意識の高い人”でも姿勢が悪く、背中が丸まっていたり、反り腰になっている人が多いんです。

たった2週間で! 背中が美しくなる秘密とは


筋肉は使っていないと、どんどん衰えてしまいます。そこで、私は誰にでも簡単に背中を刺激し、鍛えられるとにかく簡単なメソッドを考案しました。

『一気にくびれる ayayoga 背中革命』(主婦の友社・刊 1,300円 税)

それが、「こんにちは体操」と「腕伸ばしスクワット」。詳しいやり方は、ぜひ私の著書『一気にくびれる ayayoga背中革命』をご覧いただければと思いますが、どちらもとても簡単な体操です。

でも、モニターさんに試してもらったところ、2週間で姿勢がよくなり、全員にくびれも出現!

ただ、簡単といっても毎日続けなくては意味がありません。そこで、今回はなぜ「ayayogaメソッド」の運動は毎日続けられるのか、そして三日坊主にならないためのポイントを紹介します。

回数を決めない。「11回でもいいからやって」みる


今回、考案した「こんにちは体操」は手のひらを返し、胸を大きく開いて肩甲骨をぐっと寄せる体操です。「腕伸ばしスクワット」は手を組んでお尻をつき出し、腕を伸ばす“変わりスクワット”。どちらも1分も続ければ体がポカポカしてきて、全身のめぐりがよくなるのがわかります。

行進するときのテンポを目安に、自分の好きな曲に合わせて「こんにちは体操」や「腕伸ばしスクワット」をすれば、つらさを感じずに、楽しく体を動かすことができます。

 

150回やりましょう」などと回数やペースを決めた場合、できない日があるとすぐに諦めてしまう人が多い。これが3日坊主の原因です。だから、私は回数のミッションを設けていません。

「こんにちは体操」や「腕伸ばしスクワット」は、道具やスペースいらず。いつでもどこでもできる体操です。とにかくすき間時間を見つけて、1日1回でもいいので毎日続けることが大切。

例えば、朝起きたときに。また、外出前に玄関で、信号待ちのときに(周りに人がいないことを確認して)、仕事の合間に……など、いつでも「こんにちは!」と胸を開いてみてください。いくら忙しい日でも、1回くらいはやる時間があるはずです。

1回が2回、3回……と増えていけば、上出来!

ひとりではサボってしまいそう、という人は、友だちや家族と一緒にはじめてみるといいですよ。何回やったかを報告して競い合えば、やる気が出てくるはずです。

「食事制限」をしない。すべての無理はリバウンドのもと


ayayogaメソッドでは「●●を食べないで」「1日××カロリーにおさえて」という食事制限もありません。なぜなら、食事制限をすることで挫折する人が多いからです。

実は私にも太っていた時期があり、食事制限からダイエットをはじめてもうまくいかないことを知っています。食べたいものをガマンするのは大変だし、リバウンドのもと。

それよりも体を動かすことからはじめて、「汗をかくようになった」「むくみがスッキリした」「脚がほっそりしてきた」など、体のちょっとした変化に気づくことが大切。

体が変わりはじめると、自然と食への意識も変わってきます。食べたいものをただ体が欲するまま食べるのではなく、どれが自分の体にとっていいものかどうかと考え、思考が変わるんです。

ただ食事制限は設けていないとはいえ、もちろん何を食べるかは考えてほしいですね。

たとえば、パンなのか玄米なのか、ブラックコーヒーなのかカフェオレなのか……。ひとつひとつの選択が、明日の体をつくることを忘れないでください。

「筋肉は裏切らない」を肝に銘じて。60才でも体は変わる!


今回、20~60代のモニターさんにayayogaメソッドを試してもらったところ、60才の方も2週間でサイズダウンし、見事なメリハリボディになったんです。

日々、体は衰えていきますが、筋肉は少しずつでも鍛えてあげれば、確実に応えてくれます。

40代になって代謝が悪くなっているから……と諦めないでください。きれいになりたいという気持ちにストップをかけて欲しくない。

だれにでも、筋肉はあるんです。気配を感じないという人も、今は脂肪の下にあって見えないだけ。長年使っていなかった筋肉も、刺激をすれば確実に戻ってきます。

結果があらわれると信じて、たとえ1日1回でも!「こんにちは体操」と「腕伸ばしスクワット」を続けてみてください。

aya

ヨガクリエイター。ヨガスタジオ『syaraaya』主宰。留学先のアメリカで交通事故に見舞われ、リハビリのために始めたヨガにより、体調を回復したばかりか、大規模な減量にも成功。ハタヨガ、ハタヴィンサヤ、アシュタンガ、シヴァナンダヨガなどを学んだのち、指導者の道を志す。レッスンには、有名女優やモデルが数多く通い、予約の取れない人気ヨガ講師として話題。海外にも精力的に赴いて世界のヨガトレンドを吸収し続けるほか、美容マニアとしても知られ、化粧品やグッズの開発も行っている。

撮影/ 曽根将樹(PEACE MONKEY) 取材・文/岩淵美樹

当記事はOTONA SALONEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ