『だから私は推しました』サニサイ・リーダー原花梨が解散発表 一時“恐怖画像”が投稿されざわつく事態に

NHK総合・よるドラ『だから私は推しました』に関連する『サニーサイドアップ公式』Twitterにて9月8日、地下アイドルグループ・サニーサイドアップのリーダー原花梨が「突然のお知らせ、ごめんなさい。私たちサニサイは、これからそれぞれの道を歩んでいくことになりました」とツイートした。解散発表とも言える内容はもちろんだが、投稿画像で花梨の後ろに映り込む黒い人影にフォロワーが一時ざわつく事態となった。

「いやまってリーダー!!! うしろの方が気になるよ!!!」、「お化け写ってるんだがうしろ」、「さすが、サニサイのリーダー。とうとう、幽霊さんまで、ガチヲタにしてしまうとは(笑)」などの反響が寄せられており、それに気づいた原花梨役の松田るかが自身のTwitterで事情をつぶやいた。

松田るかは「驚かせるつもりは無かったと思いますが、SNS担当の方に連絡してupし直してもらいますのでもう少し待ってください 急に怖い画像見せてしまってごめんね…投稿の時間的にも怖かったよね…」と詫びており、やがて投稿は削除された。

松田によると、サニサイの“凛さま”こと那須凛怜役を務める田中珠里がふざけて後ろに立ったもので「マジで怖すぎて現場でギャーギャー言ってた思い出」があるというから、ロケでのオフショットと思われる。

それでもよほど衝撃的だったようで、松田るかのツイートに『賭ケグルイ』や『BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-』で共演した岡本夏美が「え、これほんとなの?」と確認してきた。

松田が「違う違うww しゅりちゃんが後ろでふざけて立ってただけなんだけど、現場暗すぎ+フラッシュでやばい感じになっただけwww」と重ねて説明すると、岡本も「ちゃんと焦ったけど、お化けの割にはちゃんと前に前に表現したがってるな、とはおもった」と納得したようだ。

他にも「凄いホラーですね」、「光ってますもん! 目が!!」、「ホントびっくりしました…でも面白かったからこれもありかなと(笑)凛様だったのね…お茶目」などのコメントが寄せられるなか「ううっ。(泣)昨日の展開も怖かったのに! 気付かなくて良かったけど、怖いわー!!」という声も見受けられる。

『だから私は推しました』はサニーサイドアップの栗本ハナ(白石聖)を全力で推していた主人公のOL・遠藤愛(桜井ユキ)が第6話でハナへの信頼を失い仲違いしてしまう。しかし、9月7日放送の第7話では愛がハナの過去を知って彼女の気持ちを理解したことで再び握手を交わす。

一方、愛は警察で刑事・聖護院実(澤部佑)の取り調べを受けるなか、ハナを巡り対立していたストーカー的なオタク・瓜田勝(笠原秀幸)に襲われた時の恐怖体験を明かしたのだ。

9月14日放送の第8話でいよいよ最終回となるが、それを前に第7話を受けて公式Twitterでリーダー原花梨から「私たちサニサイは、これからそれぞれの道を歩んでいくことになりました。今まで本当にありがとう。最後のライブまで見守ってくれたらうれしいです」と改めて告げたところ、思わぬ恐怖画像が投稿されたというわけである。画像は削除されたものの、正体が分かっているのだからドラマを盛り上げる意味でも惜しまれる。

画像は『松田るか Ruka Matsuda 2019年8月4日付Instagram「NHK総合 よるドラ『だから私は推しました』作中のアイドル サニーサイドアップが、作品を飛び出しBKなつ祭りにてライブをしてきました!」、2019年7月17日付Instagram「ドラマ『#だから私は推しました』エキストラ参加してくださった皆様、今回も長丁場でしたが最後までありがとうございました!」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ