傷だらけのジェラルド・バトラー、最後の戦いに挑む『エンド・オブ・ステイツ』特報

 俳優ジェラルド・バトラーが主演するアクションシリーズ第3弾となる映画『エンド・オブ・ステイツ』が11月15日に公開されることが決定し、ポスタービジュアルと特報映像が公開された。

【写真】前作『エンド・オブ・キングダム』フォトギャラリー

本作はアメリカ大統領を護衛するシークレット・サービスのマイク・バニング(ジェラレルド)の活躍を描くアクションスリラー第3作。1作目の『エンド・オブ・ホワイトハウス』(2013)では、ホワイトハウスを占拠しアッシャー大統領(アーロン・エッカート)を人質に取ったテロ集団を相手にし、2作目の『エンド・オブ・キングダム』(2016)ではテロリストの攻撃を受けるロンドンから大統領を護衛・脱出させる役目を担ったマイクが、本作では何者かによって陰謀に巻き込まれていく。

全米では8月23日に封切られると、3日間で興行収入2138万987ドル(約22億7000万円)で初登場NO.1を記録。翌週も1位となり、2週連続No.1の大ヒットを記録した。

世界をテロ事件から救った英雄として名を馳せ、今もトランブル大統領(モーガン・フリーマン)から絶大な信頼を得ているシークレット・サービスのマイク・バニングだが、歴戦の負傷は彼の体を蝕んでおり、引退が頭をよぎるようになっていた。そんなある日、休暇中の大統領に空から大量のドローン爆弾が襲いかかる。激しい攻撃の中意識を失い、目を覚ますと、マイクは大統領暗殺を企てた容疑者として拘束され、FBIの執拗な尋問を受けていた。なんとか隙を突いて逃げ出した彼は、真実を明らかにするため走り出す。

特報映像では、前作の副大統領から大統領に昇格したモーガン演じるトランブルが無数のドローン爆弾に奇襲される瞬間や、マイクが逮捕され「俺をハメた人間がいる」と吐き捨てる様子など、何者かによって陰謀に巻き込まれていく一部始終が映し出される。激しいアクションや銃撃戦の様子から、“アメリカ陥落”というテロップが示すように、過去2作を超える最大の危機が迫っている事を垣間見ることができる。果たして満身創痍のマイクは自らの無実を晴らし、世界破滅の危機を救う事が出来るのか。

ポスタービジュアルは、破かれた星条旗のすき間からジェラルド、モーガンの姿が見え、「アメリカが堕ちる―」というコピーが重なったもの。マイクが挑む最後のミッションに期待が高まる。

映画『エンド・オブ・ステイツ』は11月15日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ