長く付き合っているのに…結婚の話を避けたがる男子の心理

fumumu

2019/9/8 19:00

耳を塞ぐ男性(Ranta Images/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
それなりに結婚を意識して良いくらいの付き合いであるにも関わらず、結婚の話題を避ける男性…いますよね。

「別にいつかの話くらいいいじゃん…」と思ってしまうものですが、男性にも事情がある様子。

fumumu取材班は、結婚を連想するような話題を避けてしまう男性の心理を聞いてみました。

(1)昇進がかかっている可能性


「僕は、今の奥さんと結婚して2年目の、まだ”ホヤホヤ”な状態です。実は、交際期間が8年間だったんですね。それには、職場における自分の昇進がかかっていて、係長になれるかどうかの瀬戸際でした。毎月の給与が30万円台から40万台に上がることがあれば、奥さんと子供を作って円満に。という考えがあったんです。


男って、自分のプライドが邪魔してお財布事情を女性に語りづらい側面があるんです。けど、良き理解者だったこともあって、無事結婚に至りました。ただ、遊び人でほかに彼女を作ってることだってあるから、その部分においてはくれぐれも注意は払っておく必要はありますけどね」(30代・男性)


関連記事:そろそろ結婚したいと思うなら…避けたい男子の特徴3つ

(2)自信がなくて怖い


「結婚適齢期に長く付き合っているカップルは、どちらともなく結婚を意識するでしょう。ですが、具体的な話、となるとその話題を避けたがる男子が多いのも事実です。多くの場合、まだ一家の主となり養うという決心がついていないからだと思われます。


周りに未婚の男子が多い場合も、自分だけ既婚者になることに対して抵抗があることも。逆に周りにいる既婚者の小言を聞いていることが多い場合、結婚の話題自体を避けようとすることがあります。なかなかイメージできないことと、覚悟できないことで、話がトントンと進んでしまうのが怖いんです」(20代・男性)

(3)自分の時間を規制されるのが面倒


「正直まだ遊んでいたい気持ちが強いんだと思います。結婚してしまうと、好きなご飯を食べたり、友達と好きなときに遊びに行ったりができなくなるじゃないですか。家庭があるから、一人で遊びに行こうとしても、いちいち奥さんに確認を取らないといけないし。


僕も既婚者ですが、確認を取らないと怒られますからね。一人の自由な時間を過ごせるのは、断然独身の方ができます。結婚を避けたがる人は、そういうことがまだ面倒くさく感じているんだと思います」(30代・男性)


彼が嫌がっている様子があるなら、女性側も気を使うようにした方が良いかもしれませんね…。結婚したい場合には、彼にゆくゆくでもその意思があるのか見極めた方が良さそうです。

・合わせて読みたい→浮気と紛らわしい彼の結婚準備行動…違いをどう見極める?

(文/fumumu編集部・神崎なつめ)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ