「北川景子さんは猫、永野芽郁さんは…」札幌の新鋭、檀崎竜孔の素顔

ananweb

2019/9/8 18:50

2019年3月に高校を卒業し、プロデビューしたばかり。初々しさたっぷりの北海道コンサドーレ札幌、ミッドフィールダーの檀崎竜孔(だんざきりく)選手は、高校サッカーの強豪、青森山田高校の絶対的エースでした。注目の19歳ルーキーの素顔に迫ります。
写真・黒川ひろみ 文・薮内加奈

■ 始めた時も今も、サッカーに取り憑かれています。

全国トップレベルのサッカー強豪校、青森山田高校にて、1年生の頃からレギュラーを獲得し、高円宮杯U-18サッカーリーグ・チャンピオンシップと高校サッカー選手権の2冠を経験。2年生ではエースナンバーを背負い、3年生ではキャプテンを任され、高校サッカー選手権優勝、さらに優秀選手に選ばれるという華々しい経歴を持つ檀崎選手。

――小さい頃から青森山田でサッカーをしたいと考えていたそうですね。

小学校1年生の頃にサッカーを始めたのですが、ずっと高校サッカーに憧れていて。僕は宮城県出身で、特に同じ東北の青森山田に憧れていました。この門を叩いてサッカーで成功したいという思いが強かったですね。

――それで中学・高校一貫校である青森山田を中学受験した、と。

小学6年の頃には「青森山田に行きたい」という気持ちがあったので、だったら一貫校だし中学から入ろうと。自然な流れでした。

――まさにサッカー漬けのこれまでだったのですね。

辛い練習も多かったですし、挫折しかけたこともありました。でも、高校サッカーをやっていた人にはわかると思いますが、仲間との絆や友情は何にも代え難いかけがえのないものでした。ゴールした瞬間のあの高揚感や湧き上がる歓喜を浴びる瞬間は特別ですね。小学校で始めてから今でもサッカーの楽しさに取り憑かれているのだと思います。

■ おしゃべりです、僕。

――ひとつひとつ言葉を選びながら、ゆっくりと丁寧に話してくれる檀崎選手。ちょっと緊張しているのか、少し表情が固い様子……。お話していて寡黙な印象を受けましたが、普段もおとなしいのですか?

そうでもないですよ、すみません、こういう取材に慣れていないのでちょっと緊張しています(笑)。相手と仲良くなったらだいぶうるさいと思います。

――いつもはおしゃべりなほう?

よくしゃべりますね。今はまだ猫かぶっているのかな(笑)。チームに加入して半年ですが、ようやく慣れてきて、先輩の選手にちょっかいをかけたりもするし、後輩としてかわいがってもらっています。寮生活も楽しいですよ。

――高校を卒業してすぐJリーグのチームに入って、半年ですものね。Jリーグの中でプレーするのは、楽しいですか?

Jリーグ入りをひとつの目標として目指してきたので、ある程度の覚悟はしていましたが、いざやってみて、やはりレベルが(高校サッカーと比べると)全然違うと痛感しましたね。今はかなり慣れてきましたが、最初は練習についていくのが必死でした。今はとても楽しいです。

■ デートするなら京都に行ってスイーツを食べたい

「爽やかなイケメン風で」「ちょっと目線を外して男らしく」というカメラマンの撮影リクエストに「表情を作るのって難しいっすね!」と言いながらもリクエストに答えてくれた檀崎選手。気になる恋愛についても聞いてみました。

――好きな女性のタイプは?

僕、めっちゃ面食いです(笑)。きれいとかわいいを両方とも兼ね備えた子が好きです。芸能人で言うと北川景子さんの猫っぽい雰囲気も好きだし、永野芽郁さんの子犬のようなかわいらしさも好き。超幅が広いですよね(笑)。

――幅広い(笑)! では好きな女性の仕草はありますか?

髪をかき上げる仕草が好きです! 耳にさらりとかけるんじゃなくて、がばっといい女風に(上から髪をかきあげる仕草をしながら)。好きですね~。だから髪の毛は長いほうがうれしいかもしれません。

――そんな理想の彼女ができたらどんなデートがしたいですか?

(照れながら)行ったことがないので、一緒に京都に行ってみたいですね。観光スポットを回って、ゆっくりと散策してみたいです。そして休憩がてらスイーツを食べたい!

――スイーツがお好きなんですか?

大好きなんですよ。甘いものに目がない。京都だったら抹茶系がいいかなぁ~。あ、でも僕、フルーツも大好きです。

――ちなみに檀崎選手のベストフルーツは?

イチゴですね。

――(取材陣一同)カワイイ!

(笑)。その次に好きなのはキウイ。寮の食事にもフルーツが出てきますが、毎食必ず食べます。

■ 両親にはもっと恩返しをしていきたい。

――慣れない恋愛の質問にもはにかみながら答えてくれた檀崎選手に、女性取材陣は目がハートに。素顔は初々しい19歳ですが、Jリーグデビュー後すぐに行われたルヴァンカップ湘南戦では、1ゴール1アシストの活躍でチームに貢献。高卒ルーキーへの期待値が高まります。

鈴木武蔵選手がいいパスをくれたのでゴールができただけと思います。まだまだ新人ですが、ちゃんとリーグ戦に絡んでいきたいです。

――U-15、U-16、そしてU-18日本代表にも選ばれた実績があります。A代表への想いはありますか?

サッカー選手なら誰もが選ばれたい場所だと思います。僕ももちろんそうです。そこに向けて、まずはクラブでスタメン出場し、結果を出すこと。その先にあるものが日本代表です。代表に入ればいろいろな人への恩返しにもなると思いますし、目の前のこととその先のこと、両方ともしっかり目を向けてやっていきたいです。

――恩返しをしたい人は誰ですか?

一番は両親です。中学・高校と全寮制の学校に入れてもらい、高校サッカー選手権優勝やJリーグ入りできたことで小さな恩返しはできたけれど、まだまだこれから。北海道コンサドーレ札幌で結果を残すこと、日本代表に入ることを、必ず成し遂げたいです。

サッカーの話、そしてご両親の話をまっすぐに語ってくれた檀崎選手。お名前の「竜孔(りく)」の由来を聞いてみると、「”竜”のように力強く、”孔”雀のように大きい羽を広げて生きてほしいという思いで両親がつけてくれた」そう。これから世界に羽ばたき、輝きを増すであろう檀崎選手、要チェックです。

■ Information

当記事はananwebの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ