アニサマで『響け!ユーフォニアム』や『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』 きくちP感動「がんばれ、京アニ!」

世界最大級のアニソンライブイベント『Animelo Summer Live 2019』(アニサマ)が8月30日~9月1日の3日間、さいたまスーパーアリーナで開催された。7月18日に発生した放火事件で多くの犠牲者を出した京都アニメーションが手掛けた作品も取り上げており、2日目の31日には『響け!ユーフォニアム』や『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』などの関連曲が披露された。

テレビアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』(2018年1月期)の挿入歌『Violet Snow』を歌った結城アイラは、9月2日に自身のオフィシャルブログで「お話をいただいたときはとてもびっくりしましたが、齋藤プロデューサーのアツい想いを伺い、わたしにできることならしたい!と強く思い、出演することを決めました」と明かしている。

彼女は憧れのアニサマに初めての出演とあり、緊張から舞台袖で指が震えたという。それでも「こんな時だからこそ この想いはどうしても届けたい ピアノを鳴らし、歌いはじめた瞬間からはもう、その一心だったと思います」とステージを振り返った。

また、9月6日より3週間限定で上映される劇場アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 -永遠と自動手記人形-』のエンディングテーマ『エイミー』を茅原実里が披露している。

武田綾乃さんの小説シリーズをもとにしたテレビアニメ『響け!ユーフォニアム』(2015年4月期)からは『DREAM SOLISTER』をTRUE×北宇治カルテット、『トゥッティ!』を北宇治カルテットがパフォーマンスした。

そんななか、フジテレビワンツーネクストのプロデューサーとして活躍する“きくちP”こときくち伸氏が8月31日、Twitterで「アニサマ! 本命の2日目 北宇治カルテットが観たくて3年前初参加 TRUEから歴史を辿り『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』 がんばれ! 京アニ!」とハイテンションでツイートしている。

彼は「本命の北宇治カルテット 4年前『響け!ユーフォニアム』とED曲『トゥッティ!』にハマり 駆け出しで伝手が無いなか、好きで『GIRL POP02』に呼んだ…」と当時を思い出しつつ、やがて「武田綾乃さんの原作小説全作読んで、映画館の入場特典で池田晶子さんの名を知りました」という。

池田晶子さんはテレビアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』(2006年)や『響け!ユーフォニアム』でキャラクターデザインを手がけ、他にも作画監督や原画で数々の作品に関わりながら京アニ放火事件で犠牲になった。

きくちPは「何よりキャラクターデザインは あたしのアニメ好きのいちばん大事な処」と池田さんのサイン入りイラストを投稿し、「映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝』のエンドロール、報道で見かけたお名前に胸が痛くなります」とつぶやいている。

なお、アニサマ最終日である9月1日にはテレビアニメ『けいおん!』(2009年4月より)の劇中バンド・放課後ティータイムがサプライズ登場して『Don’t say “lazy”』と『GO! GO! MANIAC』を演奏して盛り上げた。

そうした状況にツイッター上では「たまアリのアニサマで事件に触れずに京アニを悼むのに感動しました」、「今年のアニサマは京アニ作品に全部持ってかれてたなー。1人1人がクリエイターとして(もちろん演者も)真摯に向き合って、全力で盛り上げてくれてたもんな。オタクさん達の京アニさんへの愛もありえん程伝わってきたし、一生好き」といった声が飛びかっている。

なかには「正直京アニの事件で色々難しくなりましたよね~ アニサマなんてライター持ち込み禁止&金属探知機でサワサワされましたしね…悲しいな…」という情報もあり、余波の大きさがうかがわれる。

画像は『結城アイラ 2019年9月2日付オフィシャルブログ「Animelo Summer Live2019 “STORY”」』『きくちP 2019年9月7日付Twitter「映画館の入場特典で池田晶子さんの名を知りました。」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ