JR東日本、首都圏在来線を9日始発から午前8時まで運休 台風15号の影響で

AbemaTIMES

2019/9/8 17:40



 台風15号の影響で、JR東日本は首都圏の在来線で9日の始発から午前8時ごろまですべての列車を運休すると発表した。

JR東日本によると、台風15号通過後に線路の点検を行うため、9日の始発から午前8時ごろまで首都圏のすべての在来線を運休する。雨や風の影響で線路に被害が出た場合は、さらに遅れる可能性があるということだ。

また、線路点検に時間がかかるなどの理由から、湘南新宿ラインと鹿島線の全線、上野東京ライン、総武本線、内房線、外房線、成田線の一部は午前中いっぱい、京葉線、日光線、烏山線は午前10時ごろまで、常磐線と青梅線の一部は午前9時ごろまで運休が続く。さらに、久留里線の一部は午後6時ごろまで運休するということだ。
(AbemaTV/『AbemaNews』より)

当記事はAbemaTIMESの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ