小兵・炎鵬の気になる握力、測定結果に本人「これはちょっと見せれない」 その数値は?

AbemaTIMES

2019/9/8 16:00



 8日から始まる大相撲秋場所(東京・両国国技館)に前頭十一枚目で臨む炎鵬(宮城野)が場所前にインタビューに応じ、9勝6敗で終え、技能賞を獲得した夏場所を「本当に苦しい場所だったが、一生忘れられない場所だった」と振り返った。

最も印象深い一番に十四日目に勝ち越しを決めた妙義龍(境川)との取組を挙げた炎鵬は「先場所から色々とあったことを思い出しながら、こみ上げるものがあった」と昨日のことのよう。また初めて経験した横綱土俵入りについて「すごい景色だった。初日には鳥肌も立った」と話す一方、自身の取組前に一度土俵に上がれることがプラスに作用したとも明かした。

またこのインタビューの最後には、小兵力士・炎鵬の気になる握力を測定。「一般人並みだと思いますよ」と苦笑いを浮かべて測定機器に力を込めた左手の結果は61.2キロ。「ちょっとヌルっとした」ということで志願の2度目を行うも、数値は微減の60.5キロ。右手に関しては46.8キロで、まさかの結果に本人「これはヤバイです。見せられないですね」と困った様子だった。

そんな炎鵬の初日の相手は前頭十一枚目・阿武咲(阿武松)。今場所初の取組でどのような技が披露されるか注目だ。

(C)AbemaTV

当記事はAbemaTIMESの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ