仕事のためにコツコツ勉強していることはある? 年代別では男女で逆転現象も

しらべぇ

2019/9/8 15:40

(maroke/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
勉強は学生の本業ではあるものの、いくつになっても学ぶことは尽きないだろう。仕事においてもキャリアを重ねるうちに、こなす仕事の幅も広くなり、場合によって資格を習得する必要が出てくることも。中には、仕事のために地道に勉強を続けている人もいるのではないだろうか。

■2割は継続して学んでる


しらべぇ編集部は、全国20~60代の有職者の男女698名を対象に調査を実施したところ、全体の21.9%「仕事のために地道に続けている勉強がある」と回答した。



なお、男性23.2%、女性20.2%とやや男性のほうが仕事のために勉強している人が多いようだ。


関連記事:2つ以上の仕事を同時にこなせる? 経営者・自営業では自称「マルチタスカー」続出か

■男女で割合に逆転も


通常、年齢とともに覚える仕事の幅が増えるため学び続けるイメージがある。そこで、男女年代別に見ていくと…



もっとも、地道に勉強をしている人が多いのは50代女性で30.2%。30代男性(29.2%)、10代男性(28.4%)が続いた。

また、男性陣は10・20代といった若い世代に、女性陣は40・50代とシニア世代の割合が高く、対照的なグラフとなっていることも非常に興味深い。

■人の上に立つ人は勉強熱心?


今回の調査結果をさらに職業別に見ていくと…



もっとも、仕事のためにコツコツと勉強をしている人が多い職業は、自由業で32.2%。会社経営(29.6%)、自営業(23.4%)と続いた。

経営層は会社のかじ取り役として様々な知識を身につけ、自由業・自営業は1人で社長・営業・経理などを、こなす必要があるだろう。地道に学び続けるか続けないかが、経営に大きく関わってくるのかもしれない。

・合わせて読みたい→若い女性は特に… 6割の人が「自分に自信がない」と判明

(文/しらべぇ編集部・桜花ななこ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年8月9日~2019年8月14日
対象:全国10代~60代の男女1653名 (有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ