『スター・ウォーズ』に出てくる「ブルー・ミルク」はマズイらしい。マーク・ハミルがツイート

190903_bluemilk
Image: Lucasfilm

本物を再現したんじゃ、来場客はみんな吐き出しちゃいますね。

ディズニーのテーマランド「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」には、『スター・ウォーズ』で見かけた食べ物が出されます。飲み物もおやつもあり、そこにはもちろん、ルーク・スカイウォーカーが好きであろう(?)あのブルー・ミルクも。

なのでルークを演じたマーク・ハミルは、「ギャラクシーズ・エッジ」にあるブルー・ミルクを試し、撮影時に飲んだ本物と比較する必要がありました。

どんなお味?


彼のツイートによってその味だけでなく、大人の事情も暴露されましたが…案の定、テーマランドで出されるものが圧勝したようです。



”備忘録:いまはカメラが回っていて、ディズニーは僕の雇い主だ…”

でも正直言って:生温くて油っこい、吐き気をもよおすほど甘ったるい青く染められた牛乳にはウンザリだったよ(ゲロ顔文字)。ところがこのシャリシャリした非乳製品の飲み物は美味しいフルーツ・スムージーみたいな味だった(美味しい顔文字)

ハミルが話しているのは、『エピソード4/新たなる希望』に出てきたミルクなのですが、もう聞いただけでマズそうですよね。しかもこの表情は、当時を思い出しているかのようにも見えます。


映画の小道具は不味いのが普通


撮影中の飲食は、しばしば気持ちの悪いプロセスを経ているため、ハミルの話は驚きではありません。そういう食べ物系の小道具は往々にして見た目は良くても、味はヒドいものなのです。吐き戻すためのバケツを用意するくらいに。

とはいえ、ルークが『最後のジェダイ』で飲んでいたグリーン・ミルクはかなりマシだったそうです。どうやら中身は緑色に染めたココナッツ・ウォーターだったとのこと。


オク=トーに隠居した理由はミルクでは?


ということから、どうしてルークが砂の惑星タトゥイーンを離れたかったのかが良くわかります。そう、彼は少しでも口に合うミルクを飲みたかったのです。

なぜ海の惑星オク=トーに住む、あの生物タラ=サイレンから搾乳しようと思い付いたのかは謎ですが…最後に美味しいミルクが飲めて良かったですよね。

Source: Twitter, YouTube (1, 2), CINEMA BLEND

当記事はギズモード・ジャパンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ