「盛り付けを変えただけで…」 クリームソーダの写真2枚に驚きの声!

grape

2019/9/7 12:36

カフェ『うのまち珈琲店』を営む、オダツトム(@odatsutomu)さんが比較した2枚の写真をTwitterに投稿。ビフォーとアフターの写真に、驚きの声が上がっています。

クリームソーダの大変身

「クリームソーダの盛り付けを変えただけで、前年比500%も売り上げが伸びた」

そんな衝撃的なコメントと共に投稿されたのは、クリームソーダが写った2枚の画像。

以前は、このような盛り付けでクリームソーダを提供していたそうです。

青いソーダに浮かぶ、白いアイスクリーム。赤いサクランボが添えられて、いいアクセントになっています。

一般的な『カフェで出されるクリームソーダ』のイメージから外れないデザインです。

ここからどのように変化したのでしょうか…現在のクリームソーダの姿が、こちら!

う…美しい~!

グラスには鳥の絵が描かれていて、青いソーダの空を飛んでいるように見えます!

グラスのフチには真ん丸なアイスクリームとサクランボがコロンと並んでおり、可愛らしいですね。

同じ材料を使っていても、見た目が映えるデザインになると、印象がガラッと変わることが分かります。

【ネットの声】

・ビフォーは『昭和のクリームソーダ』。アフターは『令和のクリームソーダ』って感じ。

・すごい!デザインの変化の過程を見られるのは嬉しいな。

・見た目は大切ですよね。計算されたデザインほど丁寧さが伝わりますし。

・やはり食べ物というのは、目でも美しさを味わい、さらに頭で情報を楽しむものなのですね。

オダさんは、自分の成功例と共に「飲食店でメニューの総入れ替え、また一部の入れ替えはよくある話。だけど、メニューを変える前に盛り付けの変更をご一考してみては」と同業者に向けて提案しています。

見た目にインパクトのあるメニューが増えたら、多くの人から愛されるお店になるかもしれません!


[文・構成/grape編集部]

出典 @odatsutomu

当記事はgrapeの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ