ショーン・メンデス、ステージでカミラ・カベロにキス 北米ツアー最終公演で

3月のオランダ・アムステルダムを皮切りに「Shawn Mendes: The Tour」で世界中を回っているショーン・メンデスが現地時間6日、地元カナダ・トロントで北米ツアーの千秋楽を迎えた。ショーンはサプライズ出演したカミラ・カベロとともにコラボ曲『Señorita』を熱唱、曲の終わりにはカミラの頬にそっとキスをし会場を沸かせた。

カナダ・オンタリオ州出身の人気歌手ショーン・メンデスは、自身3枚目のアルバム『Shawn Mendes』をひっさげ、今年3月より「Shawn Mendes: The Tour」を敢行中だ。オランダ・アムステルダムにてスタートし、ヨーロッパ、米国、カナダを半年間かけて回っていたショーン、現地時間6日には地元カナダ・トロントの「ロジャース・センター」にて北米ツアーが無事に千秋楽を迎えた。

ソールドアウトとなった同日の公演で観客に大歓声で迎えられたショーンは、時に感極まりながら

「今夜は来てくれてありがとう。ここにいるみんな1人1人に、心から伝えたい。」

「オー・マイ・ゴッド。本当に信じられないよ。この会場がここまで大きかったなんて!」

「みんなを心の底から愛している。デビュー当時から今日まで、みんなのサポートには本当に感謝しているんだ。」

とファンに語りかけた。

この日は北米ツアーの千秋楽だったこと、また故郷でのショーだったことからファンにとっておきのサプライズを用意していたショーン、5曲目には熱愛中のカミラ・カベロがステージに登場しコラボ曲『Señorita』を熱唱した。パフォーマンスの終わりにはショーンがカミラの頬にそっとキスをする場面も見られ、観客は興奮の渦に巻き込まれた。

6月にコラボ曲『Señorita』をリリースして以来、手繋ぎデートや公の場でのキス場面が度々キャッチされてきたショーンとカミラは、先月末に「MTV Video Music Awards」(VMA)にて同曲の初ライブパフォーマンスを披露。ステージで首に腕を回したり、顔を近づけて鼻と鼻を触れさせ合うなど、随所で“密着パフォーマンス”を見せた。そのアツアツぶりには会場に居合わせたセレブ達も興奮を抑えきれず、テイラー・スウィフトはヒートアップする2人のパフォーマンスに口をあんぐり、ソフィー・ターナーは夫ジョー・ジョナスや義弟ニック・ジョナスの腕を掴みながら落ち着かない様子を見せ、ビービー・レクサにいたっては、立ち上がり「キス! キス! キス!」とショーン&カミラを囃し立てるほどだった。

しかし「VMA」での4分弱におよぶパフォーマンスでは最後まで2人が唇を重ね合うことはなかったため、「Shawn Mendes: The Tour」北米ツアー最終日にショーンがカミラの頬にそっとキスをする場面では、5万5000人のファンが歓喜の声をあげたのであった。

熱愛中のカミラ・カベロとともに、憧れだった地元トロントの「ロジャース・センター」で大盛況のなか北米ツアーを終えたショーン・メンデス、この日の喜びはひとしおだったことだろう。

ショーン・メンデスは今月25日から韓国ソウルを皮切りにアジアツアーがスタート、来月16日には「横浜アリーナ」を訪れる予定だ。

画像は『Shawn Mendes 2019年8月11日付Instagram「New Jersey night 1」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ