名旅館の元女将が「日本初、油絵に挑んだ絵師の作品」を持参『鑑定団』

9月10日の『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京系、毎週火曜20:54~)は、95歳の元旅館の女将が依頼人として登場。長年大事にしてきた「お宝」を持参する。

今田耕司と福澤朗がMCを務める同番組は、依頼を受けた「お宝」の歴史的・資料的・金銭的価値を鑑定すると同時に、その「お宝」に対する人々の思いなどを伝えるバラエティ。

今回登場する依頼人は、敷地1000坪の名旅館を営んでいた御年95歳の元女将。長年大事にしてきたという「お宝」は、江戸時代に、日本で初めて油絵に挑んだ絵師の作品。

造り酒屋を営み、莫大な財を成した叔父は大の骨董収集家で、数々の掛軸を遺した。今回のお宝は、その中でも一番気になるものだと語る。数十年前、旅館に掛けたところ、有名な大企業の社長からぜひ譲ってほしいと言われたこともあるが、果して本物か?

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ