あれ、いつの間に? 彼への愛が冷めているなと実感した瞬間




交際当初と同じように、いつまでもラブラブでいられれば良いですが、現実は思うようにいかないもの。むしろ彼の浮気や心変わりを心配していたのに、いつからか女性側のほうが好意が薄れていくことも……。そこで今回は「彼への愛が冷めているなと実感した瞬間」についてご紹介します。

愛が冷めてきたと実感したのはこんなとき

1. 良いムードになるのを避けていた



・「家でふたりきりになったとき。彼はイチャイチャしたそうなんだけれど『今日は疲れたからもう寝るね』と、良いムードになるのを避けてしまった。そのときにちょっと彼に冷めはじめているんだな……と感じました」(30代/販売)

▽ 昔だったら彼とイチャイチャすることに幸せを感じていたもの。でも彼と良いムードになるのを阻止している自分に気づき、愛情の変化を感じた女性も。わざと甘い雰囲気を壊すためにおちゃらけつつ、「もしかして彼を生理的に受け付けなくなっている……?」と思うのです。

2. 友達に意見を求めるようになった

「昔だったら好きなだけで突っ走っていたのに、友達に『私の彼って本当に良い人だと思う?』『頼りないところもあるし、結婚して良いのかな……』と相談するようになった。自分の中の迷いを実感していますね」(20代/経理)

▽ 年齢を重ねて慎重になったと捉えることもできますが、頻繁に「もう別れたほうが良いかな?」と相談しているようであれば、気持ちが冷めているサインかも。友達に「そんな男もう別れたほうが良いんじゃない?」と念押ししてほしいと思っているのかもしれません。一度彼とじっくり向き合って、自分自身が彼をどう思っているのか考えたいですね。

3. 好きだったことでイライラするようになった



「交際当初はファッションに無頓着な彼を『自己主張少なめで可愛い!』と思っていたんだけど、最近になって『もっと周囲の目を気にしてほしい』とイライラするようになった。これも愛情が冷めてきた証ですかね……」(20代/広告)

▽ 長所と短所って紙一重ですもんね。最初は好感を持っていた部分に、どんどん不満を抱いてしまうことも。でも価値観や性格はみんな違います。だからこそ否定をするのではなく、歩み寄りの姿勢を持ちたいものです。一度「こういう洋服も着てみてほしいな」と提案するなど、改善策をみつけてみましょう。

4. 嫉妬しなくなった

「前までは彼が飲み会に行くのはもちろん、仕事で会えないのもツラかった。だけど最近では全然気にならないというか、むしろひとりの時間が楽しくてしょうがない」(20代/事務)

▽ こちらは気持ちが冷めたというより、落ち着いた関係になれたのかもしれませんね。とはいえ「彼が女子や元カノと遊んでいてもなんとも思わない」「自分もほかの男性と遊びたい」というのであれば、気持ちが冷めているサインかも……。別々の道を歩むことも視野に入れたほうが良いかもしれません。

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ