オーストラリアのApple Storeが窃盗団の標的に。被害額は約2160万円以上…



190904iphone
Image: Facebook

ありゃりゃ…。

火曜日の早朝、オーストラリアのパースにあるApple Store2店舗に6人組の窃盗団が押し入る事件が発生しました。監視カメラの映像に写っていたのは、彼らがガラスの壁をハンマーで叩き割って侵入する様子でした。

西オーストラリア州警察のFacebook投稿(現在は削除ずみ)によれば、窃盗団はこのうち1店舗での盗みに成功。被害額は30万豪ドル(約2160万円)以上にのぼり、そのほとんどがiPhoneだったと発表しています。

警察によると最初の事件は午前2時15分ごろ、ヘイ・ストリートにある店舗で発生。窃盗団はガラスの壁を粉々に割って店内に侵入しましたが、タクシーが通りがかったため、何かを盗む前に立ち去ったとのこと。

動画の中でMatt Whelan巡査は、「タクシーがいたから、窃盗団は現場から逃げたと分かっている」と語っていました。

ABC Australiaは窃盗団がその後、パース郊外にある別のApple Storeに赴き、警備員を脅かしガラスの壁を破壊して、数十万豪ドル相当の製品を盗むことに成功したと報じています。州警察がFacebookにあげた動画の中で、Whelan巡査は盗まれたデバイスは事実上、操作不能にしたと語っていました。

「メーカーはどの端末が盗まれたかを把握しており、安全対策が有効化されたので、それらは使い物にならない」として、「市民には、苦労して稼いだ金を機能しない製品に費やしてもらいたくはない」とも語っていました。

またABCは、窃盗団につながる2台の車両は燃やされた状態でパースの郊外で発見されたと報じています。

この事件はApple Store強盗の中でも破壊的なケースですが、初めてでも被害総額が最多の事件でもありません。2012年の大晦日の夜には、閉店から数時間後のパリの店舗に武装した強盗が入り、製品をストックルームから逃走用の車へと運ぶのに40分以上かけて1億円以上に及ぶApple製品を盗んだ事件がありました。2017年には、3人の男がサンフランシスコにあるApple storeの外にあったUPSトラックから、白昼堂々と313台のiPhone Xを盗んだと報じられたことも。被害総額は37万ドル(約4000万円)以上だったとか。

そしておそらく最も印象に残った窃盗事件は、カリフォルニア州フレズノにあるApple Storeでの、足早に入店した4人組が陳列テーブルからデバイスを掴みとって、2万7000ドル(約290万円)分以上のiPhoneとMacBookを盗んだ事件でしょう。犯行は30秒にも及ばなかったのです。

Whelan巡査は「こういった闇市場の製品を支援したり購入したりすると、人々がテクノロジーを安く買える市場を生み出し、最終的にこのような強盗の発生を招いている。だから、彼らのような輩は盗みを繰り返したくなる」と述べています。

Source: Facebook, ABC Australia

当記事はギズモード・ジャパンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ