RIRI、KEIJU、ジュリア・ウー、『アネッサ』CMソングのプロジェクト集大成となる台湾ライブが大盛況

Billboard JAPAN

2019/9/8 11:45



RIRI、KEIJU、そして台湾アーティストのジュリア・ウーが、日本と台湾を横断した楽曲「Summertime」プロジェクトの集大成となる台湾ライブ【ANESSA Presents “Summertime” LIVE】に出演した。

資生堂『アネッサ』のCMのためだけに組まれたスペシャルなユニット、RIRI, KEIJU, 小袋成彬によるCMタイアップ楽曲「Summertime」。この楽曲は広がりを見せ、KANDYTOWNのNeetzリミックスのリリースや、同じくKANDYTOWNのMIKIとマルチ・インストゥルメンタリストの安藤康平によるソロ・プロジェクトであるMELRAWによるリミックスもリリースされ、大きな展開を見せた。

その広がりは、日本国内にとどまらず、台湾で活躍中の若手実力派シンガー・ジュリア・ウーがカバー。ジュリア・ウーは、1994年10月6日生まれの台湾で活動中の中国系オーストラリア人シンガーで、過去にはR&Bシンガー向井太一とのコラボ曲「FLY」「Rendezvous」のリリースや、世界でも大人気のDJアラン・ウォーカーとのコラボで話題となった。

そして、そのの集大成となる今回のライブが開催された。会場は台湾で若手アーティストの登竜門といわれるライブハウス・The Wall Live House。ライブはRIRIから始まり、RIRIのライブパートのラストでは、早速、3人で歌唱するスペシャルな「Summertime」が披露され、会場は大きな盛り上がりを見せた。その後、KEIJUにバトンタッチ。KEIJUも日本語でのラップで会場を沸かした。RIRI、KEIJUともに、台湾での初ライブにも関わらず、熱狂の渦に包まれ、トリのジュリア・ウーにバトンをつないだ。台湾で圧倒的な人気を誇るジュリア・ウー。さすがのステージパフォーマンスで、全6曲、会場が一体となる盛り上がりを見せ、日本と台湾を結ぶ最高のイベントとなった。

◎KEIJU コメント
初めての海外のライブで緊張したけど、台湾のみんなが温かく迎えてくれて嬉しかったですし、自分自身もっともっと海外の人にも届けられるように頑張りたいと思いました。

◎RIRI コメント
とにかく興奮しました!! 楽しすぎました! 今回台湾でライブするのが初めてなので少し不安なところもありましたが…
台湾のみなさんが優しくて温かかくて、一人一人が楽しんでくださっている様子が見えて、更に私もエキサイトしました!
国境を越えてみんなが一つになれるような感動的な時間を体感させてもらえたとても貴重なライブでした!

◎ジュリア・ウー コメント
先週、初めてRIRI とKEIJUと一緒に東京でライブを行いました。今回の「Summertime」のプロジェクトがきっかけで、日本でのライブを実現することができました。
今日は台湾でライブを行いましたが、日本とまた違う体験ができました。台湾でライブをやるときは自分の家に帰ったような感じで、友達と家族に歌うような感覚です。
今回、こんな才能のあるアーティスト達を台湾に連れてこれたことは、本当に素敵なことだと思います。

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ