春日が『水ダウ』の”むつみ荘住みます芸人募集”に言及 「誰も手を挙げない」

しらべぇ

2019/9/8 09:40




オードリー春日俊彰が20年近く住み続けてきた家賃3.9万円のアパート・むつみ荘。春日のケチ・節約キャラの確立に一役買ってきた同アパートだが、結婚を機に春日は退去した。

7日深夜放送『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)では、攻めた企画で人気を集めるバラエティ番組『水曜日のダウンタウン』TBS系)で、そんなむつみ荘を舞台にした「住みます芸人」を募集している点に言及、リスナーの話題を集めている。

■『水ダウ』の新企画


むつみ荘退去後も同部屋への執着を見せていた春日だが、4日放送の『水ダウ』で「2代目春日選手権 むつみ荘住みます芸人」を募集。最低1年は同アパートに居住可能、芸人として活動しているなどいくつかの条件が提示されている。

放送を見て「住みます芸人」の募集を知った相方・若林正恭は、「次に住む人を募集するの?」と困惑気味。春日は事務所の後輩芸人らに「むつみ荘に住まないか」声をかけたのだが、「誰も手を挙げなかった」ことを明かした。


関連記事:最後の“むつみ荘”放送 『オードリーのANN』で春日のストーカー行為が発覚

■相方・若林が質問


番組スタッフと話して「先輩後輩関係なく募集する」ことは決定したものの、春日が自分で審査するかどうかも聞いていないなど詳細についてはわかっていないと首を傾げた。

若林は「第2の春日なんか一番なっちゃいけないヤツだよね」と笑いながら、「応募が10人ぐらいだったら寂しくない?」と春日に質問。春日は「逆にリアルだよね」と前向きに捉える。

さらに「春日に憧れてる度合いも審査項目にあるのか」尋ねると、春日は「2019年にやることじゃない。やるなら10年前ならわかるけど…」と、『M1グランプリ』準優勝を果たし一躍スターの道を歩み始めた10年前ならいざしらず、いまの自身が憧れる芸人の対象ではないと自己分析した。

■リスナーは?


退去後もむつみ荘の前を通って帰宅、前回はむつみ荘から放送するなど、春日のむつみ荘への情熱はいまだおさまっていない。今後は『水ダウ』で活用されることが明らかになったむつみ荘だが、リスナーからはさまざまな意見が寄せられている。











■約4割は「『水ダウ』はやりすぎ」


しらべぇ編集部で全国20~60代の『水曜日のダウンタウン』を見たことがある人923名を対象に調査したところ、全体の約4割が「検証企画はやりすぎだと思う」と回答している。



一定数は「やりすぎ」と感じる人もいる『水ダウ』だが、爆発的な話題を集める人気企画も誕生、安田大サーカス・クロちゃんなど同番組で人気者の仲間入りを果たしたタレントも少なくない。

「むつみ荘住みます芸人」が次代のスターを生み出すのか、放送を待ち望むファンは多いはずだ。

・合わせて読みたい→オードリー・春日、むつみ荘の引っ越しにファン涙 「感謝しかない…」

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年5月18日~2018年5月21日
対象:全国20代~60代の『水曜日のダウンタウン』を見たことがある人923名 (有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ