大倉忠義、錦戸脱退に言及「全員がグループを閉じる覚悟も…」


アイドルグループ・関ジャニ∞の大倉忠義が、7日に放送されたニッポン放送『オールナイトニッポンサタデースペシャル 大倉くんと高橋くん』(毎週土曜 23:30~)にて、錦戸亮がグループを脱退し、9月30日をもってジャニーズ事務所を退所すると発表したことについて言及した。

大倉は番組冒頭、「始まって早々なんですけど、関ジャニ∞にとって大きな出来事がありまして」と切り出し、手紙を読む形で自身の思いを語った。

「この度、亮ちゃんが抜けて、関ジャニ∞が5人になるということになりました」と報告。そして「グループとは、永遠に続くもんだと当たり前のように思っていました。ですが、(渋谷)すばるくんの脱退ということで永遠はないのだと改めて知り、ヤス(安田章大)の病気で命について深く考え、濃い2年間を過ごしてきました」と回顧した。

続けて「7人が6人になること。世間からは1人減るだけ、言葉にすればそれで終わりですが、そんな簡単なことではありませんでした。1人がいなくなることにより、絶妙に保っていたバランスが急に崩れてしまいました」と述べ、「そこから、ヤスが動けない状態での5大ドームツアー。どうにかみんなに気付かれないように頑張っていたんですけれど、心はすり切れて限界に近づいていました」と吐露した。

「2004年に活動を始めてから、初めて立ち止まりました。そこから6人になった自分たちの方向性、来年はどうするんだと、なにも見えない中、手探りで話しあい、一度立ち止まろうとか全員がグループを閉じる覚悟もしたはずです」としたが、「それでも、6人で時間をかけてたくさん話し合った結果、今この選択になりました」と明かした。

錦戸の脱退について「チャレンジの方向性の違いです」とし、「亮ちゃんは多くを語る人ではない分、これから自分の活動で体現していくはずです」と語った。

そして「すげえ寂しいですね」としつつも、「でも、一歩ずつゆっくりでいいから、歩き出さなきゃいけないと、僕たちは歩き出そうと頑張っています」「僕にとってもグループのメンバーにとっても、一度きりの人生。今の選択が正解になるように頑張ります」と決意を述べた。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ