彼氏の母親と喧嘩した少女 グラスを投げつけ大怪我を負わす

しらべぇ

2019/9/8 08:20

(miya227/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
ボーイフレンドや夫の母親が苦手という女性は、とても多い。それでも多くの女性が苦笑いする程度で我慢するのだが、今年問題を起こした少女は恋人の母親にグラスを投げつけ、一生消えぬ傷が残るほどの怪我を負わせてしまった。

■少女と恋人の母が大喧嘩


事件が起きたのは、今年5月のこと。英国ランカシャーで暮らす10代の少女がパブで恋人の母親に会ったというが、そこで激しすぎる口論が勃発した。

細かい理由につき詳細は伏せられているものの、弁護士によると「恋人の母が少女と息子の関係につき厳しく苦言を呈したのが一因」とのこと。

しかもかなり激しい調子で少女に詰め寄る様子が監視カメラの映像に残っているが、少女も気が強く、黙って耐えるタイプではなかったようだ。


関連記事:勇敢な5歳少女、何度も刺された母を救おうと犯人に飛びかかり撃退

■荒々しすぎた2人


ついには恋人の母親が少女につかみかかり、カッとなった少女は手にしていたグラスを恋人の母親に向けて投げつけた。

それが母親の顔面に命中。その結果いくつもの切傷が顔面にでき、ザックリと切れた右目の上は6針も縫うはめになり、生涯消えぬ傷痕が残ったという。

■双方が受けたダメージ


この怪我の影響で、恋人の母親は数週間も仕事に行けない状態だったとのこと。しかも怪我が大きく顔に傷まで残ったことからショックも相当なものだったとみられ、母親はその後にひどい不安症状も訴えている。

一方少女は前科もなかったことから実刑は免れたが、事件の影響で失業するはめに。また裁判所に門限などいくつかの制限をもうけられ、今は自分の行いを大変後悔しているとも伝えられた。

■冷ややかな世間の反応


この事件を知った人々は少女に対し批判的で、「俺のママがこんな目に遭ったらパンチで応酬する」「こんなキレ女は失業して当たり前」「もっと厳しく裁くべきだったのに」という声も。

だが少女もこの一件ではかなりのショックを受けたといい、今も無職のまま生活保護に頼って暮らしているという。

板挟み状態になっているはずの恋人がどちらの味方なのか、また今もこの少女と交際中なのかは伏せられたままだが、母親と同じで「気が強いタイプの女性」が好きなことは間違いない模様。

事件発生後は、「少女が未来の姑と喧嘩した」として、ふたりの婚約関係をほのめかす報道もあった。

・合わせて読みたい→「もう死のうかな…」 SNS中毒の少女、メッセージに返事が来ず自殺

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ