大泉洋×小池栄子『グッドバイ』でW主演 太宰治未完の遺作が喜劇に

 俳優の大泉洋と女優の小池栄子がダブル主演を務める映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』が、2020年2月14日より全国公開されることが決定。ビジュアルと特報が解禁された。

【写真】映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』キャストビジュアル

本作は、昭和の文豪・太宰治の未完の遺作をケラリーノ・サンドロヴィッチが独自の視点で完成させ、第23回読売演劇大賞最優秀作品賞を受賞した戯曲『グッドバイ』の映画化。監督は、『八日目の蝉』で日本アカデミー賞最優秀監督賞に輝いた成島出。

戦後の混乱から復興へ向かう昭和のニッポン。文芸誌編集長の田島周二は、気がつけば何人もの愛人を抱える始末。このままではいけないと愛人たちと別れる決心をしたものの、優柔不断なため、彼女たちを前にすると別れを切り出すことができない。困り果てた田島は、金にがめつい担ぎ屋・キヌ子に、女房を演じてくれと頼み込む。こうして、男は女と別れるため、女は金のため、二人の偽夫婦の企みが始まる。

なぜか周囲の女たちが好きになってしまう<ダメ男・田島周二>を大泉、ガサツで小汚いけれど実は美人な<パワフル女・永井キヌ子>を小池が演じる。小池は舞台版でも同役を演じ、読売演劇大賞最優秀女優賞を受賞している。

このほか、偽夫婦が別れを告げに行く愛人役には、クールな女医・大櫛加代を水川あさみ、挿絵画家の水原ケイ子を橋本愛、はかなげな花屋の青木保子を緒川たまき。さらに、離れて暮らす妻・田島静江を木村多江、田島を尊敬する編集部員・清川伸彦を濱田岳、偽夫婦の計画を提案する作家・漆山連行を松重豊が演じる。

特報では、「僕が狂っていたんです」と愛人たちと別れる術を漆山に相談する田島の途方に暮れた様子や、偽夫婦を演じることになりレトロモダンな洋服に身を包んだキヌ子が、すまし顔で「田島の家内でございます」と愛人にあいさつする姿が切り取られている。また、なぜか喪服を着た愛人たちが楽し気に踊る様子も見ることができる。

ティザーチラシでは、女がほっとけない<ダメ男>の田島が愛人たちから引っ張りだこになって困り果てるのを、<パワフル女>のキヌ子が何か企んでいるような不敵な笑みを浮かべて見ている姿が、何やら訳ありな様子を醸し出している。

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』は2020年2月14日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ