うるさいだけと思われがち? 魅力的なポジティブ女子になるコツ5つ




常に明るく振る舞う女性は、一緒にいるとこちらまで楽しくなりますし明るい気持ちにさせてくれますよね。しかしそんなポジティブ女子は、楽観的でなにも考えていない、うるさいだけだと思われてしまうことも……。では、誰が見ても魅力的だなぁと思えるポジティブ女子になるためにはどうすればいいのでしょうか? 今回は、愛されるポジティブ女子になるプロセスをご紹介します!

ただ楽観的というポジティブさではない

「なんとかなるでしょ!」「まぁいいや!」と思える人は、つらいことがあっても引きずらないのでポジティブ思考といえます。しかし、気持ちの切り替えが早いこととなにも考えていないことは別物ですよね。面倒だから投げやりになっているように見えてしまうとマイナスイメージになるので、ちゃんと考えて気持ちを切り替えられている女性が魅力的なポジティブ女子といえます。

空気を読んで行動する

どんな場面も明るく乗り切るというのは誰でもできることではありません。しかし、場の空気に合った明るさが求められますよね。どんなときも明るくいられる気持ちの強さは大事でも、TPOに合わせて行動、発言ができないとポジティブだけが取り柄になってしまいます。空気を読むことは決して見失ってはいけないのです。

つらいときは明るく振る舞わない



いつも明るく影が見えない女性は、明るくてもどこかミステリアスな雰囲気を漂わせるもの。それはそれで魅力的ではありますが、ポジティブ女子とは少し違うかも……? つらいときは無理に明るく振舞わず、つらいままでいいんです。人間味を出していったほうが、ポジティブ女子らしさをアピールできますよ!

女らしさを捨てない



周りを明るくしようとつい女を捨てた行動を起こしていませんか? 女性からの人気は高いかもしれませんが、男性ウケはあまりよくないかもしれません。女を捨てなくても周りを明るくする方法はありますし、わざわざ自分を犠牲にする必要もありません。女らしさは常にキープして、女性らしいポジティブさを前面に出していきましょう。

声の大きさでカバーしない

明るい女性は声に張りがあるので、どうしても大きくなりがち。しかし、それが「うるさいだけ」だと思われてしまう原因でもあります。声の大きさではなく表情や行動、思考でポジティブさをアピールしたほうが知的で魅力的ですよね。ポジティブに声のボリュームは関係ありません。

まとめ

誰からも愛されるポジティブ女子になるためには、楽観的ではなく自分の考えを持って発言し行動すること、女性らしく明るい雰囲気を提供すること、自分を犠牲にしないことが大切です。男性からも「いいな」と思われるために、自分らしく明るく、人を幸せにするようなポジティブ女子を目指していってくださいね。

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ