『ブラタモリ』登場の藤原定家の子孫・冷泉家 「京都に残ってよかった」の声続出

しらべぇ

2019/9/8 05:00





7日に放送された『ブラタモリ』(NHK)では、タモリ一行が京都府京都市にある京都御所を訪問。京都御所は京都御苑の一角に存在しており、およそ500年の間に73代もの天皇が住んでいた場所だ。

今回は、500年近く定着した京都御所を支え続けた冷泉家に注目が集まった。

■藤原定家の子孫・冷泉家とは


冷泉家は和歌を家職にした一族で、小倉百人一首の選者の藤原定家の子供である、御子左家6代の藤原為家の子、冷泉為相が始まりと言われている。

京都御苑の北隣にある冷泉家では、定家の日記で国宝の「明月記」「新古今和歌集」など、宮廷文化を今に伝えるお宝を多く所有。

そんな冷泉家の25代目当主・冷泉為人氏がタモリ一行をお出迎え。為人氏は、財団法人冷泉家時雨亭文庫を設立した24代当主・冷泉為任の娘婿で、理事長を務めている人物だ。


関連記事:大人気の温泉地・有馬温泉をタモリが訪問 「宝塚さながら美人な案内役」が話題に

■留守居役を仰せつかる


明治2年、天皇が京都御所から東京に移り住んでしまったことで、ほとんどの公家たちも東京へ引っ越してしまったという。

為人氏は、冷泉家が当時、公家の「中ほどの格」だったことから京都御所の留守居役を仰せつかって、この場所に残れたことをタモリに説明。そして「もしも(天皇の)お供をして東京に行ってたら、今があるかどうか分からない」と語った。

■「冷泉家が留守居役で良かった」の声も


冷泉家が京都御所の留守居役を仰せつかったからこそ、宮廷文化を今に伝えるお宝が多く残ったことに、視聴者からは「感動」「留守居役になって良かった」などの声が上がっている。









京都御所の目の前で「明月記」や「新古今和歌集」などの貴重なお宝を守り続けた冷泉家。もし留守居役に任命されていなかったら、これらはすべて今まで現存されていなかったに違いない。

・合わせて読みたい→タモリ、北海道でマリモの形の謎に迫る 癒される視聴者続出

(文/しらべぇ編集部・綿 つゆ子

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ