ロータス 3億円?2000psの電気ハイパーカー「エヴァイヤ」日本初披露

ロータスは2019年7月16日にイギリス・ロンドンでバッテリー駆動のフル電動ハイパーカー「エヴァイヤ」を発表した。目標とするモーターの最高出力は2000psで、これまでの常識とは桁違いの性能を目指し、先進のEVハイパーとしての新たな基準を打ち立てることを目指している。

■モデル概要このエヴァイアは、2019年9月8日にスピードウェイで開催された第9回「Japan Lotus Day 2019」で、全国各地から集まったロータスオーナー、ロータスファンの前で初公開された。

エヴァイヤ(Evija)という車名には、「最初の存在」あるいは「命あるもの」という意味が込められている。ロータスの歴史に刺激的な新たな1章を刻む最初の超弩級スポーツカーがヴァイヤであり、ロータス初のハイパーカーであり、そして初の電動パワートレーンモデルである。

さらに、世界で最も成長めざましい自動車メーカー「吉利汽車(ジーリー)」傘下のロータスとして初めて発売されるニューモデルになるのだ。

希少な存在であることもハイパーカーの世界では重要だが、エヴァイヤは、最大130台しか生産されないため、数あるスーパーカーや、近年のハイパーカーの中で最も希少性の高いクルマとなる。130台という数字はエヴァイヤの開発プロジェクトコード、「タイプ130」にちなんだものだ。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); googletag.cmd.push(function() {var slot = googletag.defineSlot('/62532913/p_autoprove_300x250_kiji2_20391', [300, 250], 'div-gpt-ad-1540274792174-0').addService(googletag.pubads());googletag.enableServices();flucttag.showDfpAd(slot);});

■ル・マン用レースカーからデザインを着想エヴァイヤは最先端のエアロダイナミクスを重視したカーデザインが具現化され、両リヤクォーター部にダイナミックなベンチュリートンネルが貫通しており、圧倒的な存在感を放つスタイリングになっている。最低地上高は110mmだ。

デザインダイレクターを務めるラッセル・カーは「ル・マンのレースカーで、車体の上下左右だけでなく、車体の中を通り抜ける独創的なエアフローがどのようになっているかを研究しました。エヴァイヤのデザインは、ポロシティ(多孔性)というコンセプトが重要なカギを握っています。このコンセプトによって、驚異的なダウンフォースを生み出しつつ、時代を超えたデザインを実現することができましたと」語っている。

アクティブ・エアロダイナミクス・システムも搭載され、ボディ上部と同一平面にぴたりと収納された状態からせり上がるリヤスポイラーと、F1方式のドラッグ・リダクションシステム(DRS)を備えている。どちらも走行モードをトラックに切り替えると、自動的に稼働し、他のモードでは手動で稼働させることができる。

またドアミラーはドラッグ低減のために取り払われ、フロント・フェンダー側面に組み込まれた電動式カメラが、必要なときににせり出す仕組みになっている。他にルーフに内蔵されたカメラによって中央から見た視界を確保。各カメラがとらえた映像はキャビン内の3つのスクリーンに表示される。

■F1と同等のカーボン・モノコックエヴァイヤには、ロータスのロードカーとしては初となるワンピースのカーボンファイバー製モノコック&シャシーを採用している。カーボン・モノコックはモデナのCPC社製で、F1と同様の製造工程で生産される。

キャビン内は調節可能なレース・スタイルのシートから多機能のステアリングホイールに至るまで、モータースポーツの色が濃いロードカーならではのデザインと技術の粋が集約されている。その一方で、最新のコネクテッド・インフォテイメント・システムも搭載。スマートフォンとの連携によるアプリの活用、スマートフォンによる車両管理が可能。また通信による車両ソフトのアップデートも可能になっている。

■4個のモーターで2000psエヴァイヤの心臓部を構成するのは最先端のフル電動パワートレーンだ。開発を担当したのは、ロータスが技術提携を結ぶウイリアムズ アドバンスド・エンジニアリング社である。同社は、F1はもちろん、フォーミュラEでも開催初年度から輝かしい実績で名を馳せる会社である。ミッドマウントのバッテリーパックは2シーターの座席のすぐ後ろに収められ、4個の強力な電動モーターに電力を供給する。

var microadCompass = microadCompass || {};microadCompass.queue = microadCompass.queue || [];microadCompass.queue.push({"spot": "2855f6f1517a0e35089113339090f10c"});googletag.cmd.push(function() {var slot = googletag.defineSlot('/62532913/p_autoprove_300x250_kiji2ndright_20391', [300, 250], 'div-gpt-ad-1540274856377-0').addService(googletag.pubads());googletag.enableServices();flucttag.showDfpAd(slot);});このリチウムイオン・バッテリー・パックは効率性がきわめて高く、これまでの電気駆動車に搭載されたなかで最も軽量なだけでなく、最もエネルギー密度の高い電力パッケージとなっている。目標車両重量はわずか1680kgで、プロダクションカー史上最も軽量なフルEVハイパーカーとなる。

目標最高出力2000ps、目標最大トルク1700Nmで、出力2000kWのリチウムイオン・バッテリーと組み合わされる。バッテリーパックはそのカバーがリヤガラス越し見える状態になっている。バッテリーパックから供給された電力は、前後各2個、合計4個の電気モーターに送られる。

インバーターは高効率のSiC(炭化ケイ素)製だ。なお前後の各モーターはXtrack社製のシングルヘリカルギヤ式遊星歯車トランスミッションを組み合わせている。各輪に1個のモーターを備えているため高次元の4輪トルクベクタリングが可能になっている。

エヴァイヤは、電気エネルギーを有効に使用できるように走行モードを選択できる。走行モードはレンジ(距離重視)、シティ、ツアー、スポーツ、トラックの5段階に切り替えができる。トラックモードなど最大の動力性能は0-100km/h加速は3秒以下、最高速度は200mph(0-320km/h)以上に達する。

なお充電は、現在ヨーロッパで設置されているコンボ方式のなかで最も強力な350kWの充電スタンドを使用した場合、エヴァイヤの充電時間は12分で80%、18分で100%となる。また最長航続距離はWLTP複合サイクルで250マイル(400km)、NEDC複合サイクルで270マイルだ。

このエヴァイヤは130台限定生産で、2020年内に生産を開始する。価格は 現時点で180万~200万ポンド(税別、英国ロータス工場渡し価格、別途輸送・登録諸費用が必要となる)が予定されているという。日本円換算で2億3300万円~2億5900万円となる。購入希望者は手付金25万ポンド(返金可能)で生産枠が確保される。

ロータス エヴァイヤ 諸元表

注文・予約サイト

ロータス 関連記事ロータス 公式サイト

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ