ローマ? ローム? カーナビうっかりミスで全然知らない場所に到着したおじいちゃん

 イギリスからイタリアのローマまで車で出かけた男性が、カーナビのまま運転したところドイツのローム村という全く別の場所についてしまった。海外メディアSkyNewsが伝えた。

【写真】頬に入れた、ワン・ダイレクション、ハリーの似顔絵タトゥー

車を運転していたのはルイジ・リモンティ(81)。イギリス北部のニューキャッスルを出発し、ローマ法王を謁見するためローマを目指していた。

リモンティは以前にも同じ旅程で移動したことがあったが、カーナビで大幅な近道が表示されたためそのルートを選択。到着してみると、そこはローマではなく人口67名、ドイツにあるローム村だったのだ。

「到着」したにもかかわらずコロシアムも何も見られない景色に驚いたリモンティはうっかりハンドブレーキを忘れ「ローム」と書かれた看板に車をぶつけてしまったという。そして後退する車を止めようとしたものの、開いていたドアに挟まれ倒れてしまった。

リモンティはその後病院へ運ばれたが幸い大きな怪我はなかった。車の修理が済み次第、改めて今度こをローマを目指すつもりだ。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ