「ガルパン最終章4D」みほ、マリー、西が4D上映を楽しむキービジュアル公開

アニメハック

2019/9/7 21:00

(C) GIRLS und PANZER Finale Projekt
 OVA「ガールズ&パンツァー 最終章」の第1話と第2話をあわせて4Dで上映する「ガールズ&パンツァー 最終章 4D ~第1話+第2話~」のキービジュアルが公開された。キャラクターデザイン・総作画監督を務める杉本功による描き下ろしで、主人公の西住みほが、BC自由学園のマリー、知波単学園の西絹代とともに、第1話での大洗女子学園とBC自由学園が橋で戦闘を繰り広げるシーンを4Dで体験している姿が描かれている。

また、4Dならではの見どころを、みほが紹介する上映予告(60秒)と告知CM(15秒)も公開されている。座席が前後左右、上下に動くギミックや、水や風などを用いた特殊効果によって、まるで戦車に乗っているかのような感覚を味わえるという。

そのほか、物語の舞台である茨城・大洗で11月17日に開催される「第23回 大洗あんこう祭」に、みほ役の渕上舞、武部沙織役の茅野愛衣、五十鈴華役の尾崎真実、秋山優花里役の中上育実、冷泉麻子役の井口裕香、主題歌アーティストの佐咲紗花が出演することも明らかになった。

「ガールズ&パンツァー 最終章 4D ~第1話+第2話~」は10月11日から上映される。

当記事はアニメハックの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ