九星別!裏性格

カナウ

2019/9/7 20:30


九星別!裏性格

こんにちは。護明です。

人間表の顔もあれば、裏の顔もありますよね! 恋人、夫婦でもお互いのことすべて把握するのは無理でしょう。親子でもわからない部分が多いかもしれません。

今回は表面上に隠されて見えにくい「裏性格」を九星気学で説明していきたいと思います。

ご自身や周りの方の九星が分からない方は下の早見表(西暦)を参考にしてください。


一白水星


九星の中で唯一「水」のエレメントを持つ星です。

そのため、順応性や環境適応能力に優れた人が多く、さらに人当たりの良さも持ち合わせています。

その「裏性格」は見た目に似合わず芯が強く、まじめで自分の方向性や主義主張は曲げないところです。正義感が強いといえばそれまでですが、ひとたびへそを曲げると取り扱い困難になります。

二黒土星


優しさや思いやりがこの星の特性となります。また、自己犠牲の精神が強く縁の下の力持ちとして活躍します。

この星の「裏性格」は感情に流されやすく、自分で決断する能力が欠けている人が多い傾向に。案外いざというときに欠点が露呈します。

三碧木星


真っすぐに進んでいるときには無類の強さを発揮します。挫折を知らず順調に進んでいるときには「裏性格」は現れません。言い換えれば順風満帆な時には怖いもの知らず。

では、困難にぶち当たり解決する能力があるかといえば、少々疑問です。

「裏性格」は回り道や根回しをするのが苦手で自分の考えで進んでしまい、いざというときに案外弱い面です。

四緑木星


柔軟性に優れ対応能力が高いのがこの星の特性です。人間関係も円滑に進めている能力に長けています。人に合わせているときには中々見えないのが四緑木星の「裏性格」です。

裏性格は、さらりとかわしているようで案外人の言うことを気にして小さくなってしまうところや、自分の意志や本音が出ないところです。

五黄土星


キャラが濃く、力強さを持っている人が多い傾向。同時にもろさも持っているのもこの星の特性です。

立ち直りも早く、開き直ったときの強さも本物です。

それでは「裏性格」は人だのみにせずに自分で問題化解決をしてしまうところ。もう少し他人の意見を参考にして聞き入れると楽に生きれるのですが……。

六白金星


良く言えばマイペース。向上心の強さもこの星の特徴です。どちらかといえば、世間の荒波にもまれて丸くなってきたときにようやく自分自身の力を発揮できるようになります。

では「裏性格」はといえば人知れず努力を惜しまないかなりの努力家です。柔軟性が生かせるようになればもっと上手に生きることが出来そうです。

七赤金星


人を引き付ける能力は九星で一番でしょう。明るさ、社交性ともに優れているのでそれだけで得をします。ただし、付き合いが長くなるにつれ「裏性格」が現れてきます。

案外、表だけで中身が欠けていたり、持続性や努力をしないところです。逆に責任感が強く最後までやり抜く粘り強さが出たときにこの星の本当の凄みが出てきます。

八白土星


コツコツと物事を進めていくのは得意分野です。ただ、安易な道を選ばず困難に立ち向かうというのもこの星の特性でしょう。決して要領は良くありません。

「裏性格」は人付き合いが苦手なこと。温かみがある優しい人が多いのですがストイックになりすぎるせいでしょうか?もう少し人の力を借りて、楽な道を選ぶと上手に生きていけるはずです。

九紫火星


良くも悪くも華やかで異彩を放つ星です。それだけに魅力的な人が多いです。感性感受性に優れ色々な分野で活躍します。

「裏性格」は感情のコントロールが下手なこと。気分のむらが激しく同一人物と思えないようになることも!基本的には社交性に富んでいるのですが裏を見ると興ざめしてしまうかもしれません。感性や感受性を上手に使いましょう。

まとめ


普段はあまり取り上げない「裏性格」を書いてみましたが、いかがでしたか?

腹の中で何を考えているのかを見極めるのは難しいですね! 人付き合いをしていく中で少しでも参考になればと思い書いてみました。
私自身は人の裏性格をあまり気にしてはいませんが(年を重ねて厚かましくなっただけかもしれません(笑))、
気になる人がいる方、ご自身の意外な一面が知りたい方は参考にして頂ければ幸いです。

(占い師 護明)

当記事はカナウの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ