【TDS】桟橋で立ち飲み!「バーナクル・ビルズ」

ウレぴあ総研

2019/9/7 17:00

東京ディズニーシーのアメリカンウォーターフロントパークにある「バーナクル・ビルズ」はニューヨークの港の船着き場にあるフードワゴン。

季節ごとのビアカクテルや骨付きソーセージが最近の定番メニュー。

いつも人気のように見えますが、夜は比較的空いています。

■裏手に回ってのんびり

ワゴンの裏手は桟橋ピア33。

立ち飲みができる木箱やベンチが並んでいます。

小屋の中にも椅子があります。 夜にはライトが光っていい感じ。

近くに停泊している船を眺めたり

遠くの大きな船S.S.コロンビア号の賑わいを感じながら 私たちも船乗りたちの安らぎの場所で ゆっくりするのがおすすめ。

■七夕期間は

隣りの桟橋ピア32は、近年、七夕期間中に笹が飾られるようになりました。

この季節は、短冊に願いを書くゲストで賑わいます。

■気になるトリケラトプス

入口左側の大きな化石が目印にもなっているこのワゴン。

どうしてニューヨークに恐竜の化石があるのかしら。

箱の文字をよく読んでみると、宛名はマーカスブロディ博士。

インディがロストリバーデルタから送ってきたものかも? そんな想像もできます。

※商品およびメニューは品切れや金額、内容等が変更になる場合があります。

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ